機械の要素

ここではネジが締まる(締結)仕組みを解説しています。

ネジはとによって締まったままの状態を保ちます。

予張力を得るために、ボルト・ナット・被締結物等が弾性体でなければなりません。

ミニ四駆で使う鉄製 ...

機械の要素

座金(ワッシャー)の役割は などです。

このページでは、主にとしての座金の役割について解説しています。

締結用のネジは、適正な締め付け力で締め付ければ

自然に緩むことはない設計になっています。

機械の要素

簡単な工具で組立・分解ができるので、締結にはボルト・ナットが使われることが非常に多いです。

 

ボルト

棒におねじを切った締め付け具です。おもにナットと組み合わせて使います。

通しボルト:部品に貫 ...

機械の要素

ミニ四駆は機械です。電動機 軸 軸受 ネジ 歯車などの機械要素のカタマリとして考えます。

ココではについて、各部の名称や役割 種類 特長などを解説しています。

 

ネジの種類

右ねじ・左ねじ ...

機械の要素

歯車伝動装置

いくつかの歯車を組み合わせたものを歯車列といいます。

工作機械や自動車などは、モーターやエンジンの回転を、条件に適した速さで伝える必要があります。

そのために歯車列が使われ、このような装置を歯車伝動 ...

機械の要素

動力を伝達するには、2つ以上の軸が必要です。

歯車での伝達は、次々と噛みあう歯により2軸間の角速度比が一定に保たれ、高速・高荷重の連続的な運動の伝達が可能です。

それぞれの方向・位置関係によって色んな伝達方法が ...

機械の要素

機械部品の表面は、使用目的によって表面性状に違いがあります。

このページでは表面の「粗さ(あらさ)」について書いています。

表面性状は面粗度(めんそど)や表面粗さなどと呼ばれることがあります。

「ツ ...

機械の要素

機械部品には、形状を厳しく規制しなければならない場合があります。

このページでは、部品の形状の精度について書いています。

 

幾何公差(きかこうさ)

この幾何とは、形や大きさ、位置関係など空 ...

機械の要素

部品の大きさや、穴の位置などを表すには「寸法」が必要です。

このページでは「寸法」の精度について書いています。

 

寸法公差

「すんぽうこうさ」とよみます。

部品の加工には必ず誤 ...

機械の要素

ミニ四駆を改造するときに求める。

これを機械構造物に要求されるを例にして紹介しています。

高度に発達した機械では、構成している部品の寸法や形状の誤差や表面性状が、機械の性能に大きく影響します。

上級 ...