安定性重視のセッティング例

ここでは、SXXシャーシを使って安定感重視のコースアウトしにくいセッティングを紹介しています。

SXシャーシとSXXシャーシは、ホイールベースが長くてトレッドが広いので、安定感が最強です٩(ˊᗜˋ*)و

ホイールベースはシャーシによって固定されていて、セッティングではどうすることもできません。

トレッドを広くするために、ホイールオフセットが広いものを取り付けます。

重心を低くするために、小さいタイヤを使いましょう。

FRPは、できるだけローラーベースが長くなるものをえらびます。

ローラーベースが長いと、コースでまっすぐ走るようになります。

ジャンプがあるコースを走るときには、必ずマスダンパーを取り付けておきましょう、着地するときに安定します。

ミニ四駆のセッティング例 ホイールベース長い トレッド広い ローラーベース長い

コーナーで滑らないように、フロントにはアルミローラーを取り付けます。

もしローラーが滑っても、車体が傾かないようにスタビを取り付けます。

フロントアンダーガードはできるだけ外側に取り付けて、スタビの役割も持たせましょう\(^o^)/一石二鳥。

ミニ四駆のセッティング例 フロントローラー スタビライザー アンダーガード

リヤのローラーは上下2段、できるだけ上と下をはなしておくと安定性が増します。

ブレーキは必ず使います。ブレーキが無いとスロープセクションで大ジャンプしてコースアウトしてしまいます(;’A`)

SXXシャーシ リア2段ローラー リアブレーキ マスダンパー

アンダーガードとブレーキを低くセッティングすることで、強くブレーキがかかるようになります。ジャンプ前にしっかりスピードを落としておきましょうm(__)m

タイヤはかたいものにして、ジャンプ着地でのはね返りを少なくします。

SXXシャーシはしっかりスラスト角度がついているので、レーンチェンジも安定してクリアします٩(ˊᗜˋ*)و

スーパーハードタイヤ スラスト角度 ブレーキを低く取り付ける ミニ四駆のセッティング例

スーパーハードタイヤとローフリクションタイヤはかたいタイヤです。

スーパーハードはスターターパック↓に入ってるけど、ローフリクションは限定品で人気商品なので、すぐに売り切れてしまいます、見かけたら買っておきたいパーツです(´﹃`*)

安定走行のために

ミニ四駆が不安定な動きをするところは、ジャンプとコーナーとレーンチェンジです。

ジャンプで安定するために
  • ブレーキ
  • マスダンパー
  • かたいタイヤ
  • 長いホイールベース
  • 広いトレッド
  • 長いローラーベース

 

コーナーとレーンチェンジで安定するために
  • スタビ
  • 2段ローラー
  • アルミローラー
  • スラスト角度
  • 広いトレッド
  • 低い重心

モーターやコースにもよるけど、これくらいセッティングしておくとめったにコースアウトしないんじゃないかな٩(ˊᗜˋ*)و

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です