コーナー走行抵抗を比較した時の環境

このサイトで、ミニ四駆のコーナー走行時の抵抗を比較測定したときの環境や条件をまとめています。

 

フィールド条件

気温30℃

ほとんど無風

JCJCバンクアプローチとJCJCコーナーセクション複数をつないだコース。

コースは少しだけ傾いていて、

パワーチャンプGTを置くと、低いほう(画像の上のほう)に向かって転がります。

静止摩擦では転がりません。

コースの傾きはこんな感じ↓

ミニ四駆 テストコース ローラーセッティング比較 測定条件

 

測定条件

バンクアプローチの端に、リアローラーをひっかけて、ひっかけたローラーを横に押して転がします。

後ろから前へ向かう力は加えていません。

バンクアプローチとストレートセクションのつなぎ目から、何センチメートル転がったのかを測定して評価しています。

ミニ四駆 ローラーセッティング比較方法 手順 テスト環境

転がった距離の測定は、JCJC真ん中のレーンの外側の壁を基準にしています。

バンクとコーナーのつなぎ目から、直線距離で約10センチメートル、そこから また直線距離で約10cmのくり返し。

3回 転がして、その平均値を書いているので、画像とは値が違います。

 

マシン条件

無加工のMAシャーシ、スパーギアのみ抜いています。

大径ローハイトホイールを取り付けています。

タイヤの転がり抵抗を除きたいので、タイヤは使いません。

ほかの条件は変えずに、ローラーの取り付け位置とローラー径のみ変えています。

ローラーを付け変えたら、指でローラーを5回程度はじいて空回ししてから、マシンを転がしています。

 

長ローラーベース

ホイールベース:144㎜
前ホイール軸~前ローラー軸:32㎜
後ホイール軸~後ローラー軸:32㎜

ローラーベース144mm ローラーベース長いセッティング コーナーの走行抵抗比較 プラローラー

 

短ローラーベース

ホイールベース:127㎜
前ホイール軸~前ローラー軸:24㎜
後ホイール軸~後ローラー軸:23㎜

 

前よせ

ホイールベース:135㎜
前ホイール軸~前ローラー軸:32㎜
後ホイール軸~後ローラー軸:23㎜

ローラーベース135mm 前よせローラーセッティング コーナーの走行抵抗比較 実験

 

後よせ

ホイールベース:135㎜
前ホイール軸~前ローラー軸:24㎜
後ホイール軸~後ローラー軸:32㎜

ローラーベース135mm 後よせローラーセッティング コーナーの走行抵抗比較 研究

 

前広

前ローラー幅103mm
後ローラー幅97mm

前のローラー幅を広くするために、19mm穴に 前ローラー19mm 後ローラー13mmを取り付けています。

 

後広

前ローラー幅97mm
後ローラー幅103mm

後のローラー幅を広くするために、19mm穴に 前ローラー13mm 後ローラー19mmを取り付けています。

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です