仕事について

会社で働くことだけが「仕事」ではありません。

あるモノを違うモノへ変化させることを仕事といいます。

 

いろんな仕事

仕事には色んな種類があります。下に身近な「 仕事 」の例をあげています。

ミニ四駆の場合は、電池の力を進む力に変換しています。

  • 自転車:人力→進む力
  • 車 バイク:ガソリン→進む力
  • テレビ:電気→映像や音
  • エアコン:電気→温度(熱)
  • 会社:働いた時間→給料

worker 労働者 仕事人 グラインダー

 

仕事の単位

仕事の種類によって使う単位が違います。

電気系では「 W (わっと)」が使われることが多いです。

車やバイクのエンジンは「 馬力(ばりき)」

ガスやエアコンなどの熱系では「 kcal(きろかろりー)」

人間の仕事は「 人力(にんにち)」が使われます。

horses 2馬力 馬車 カウボーイ

 

電動機(でんどうき)

上の《 いろんな仕事 》で紹介したように、仕事をするためには「 変化 」が必要です。

ミニ四駆は[ 電池 → モーター → 進む力 ]というように、モーターが変換器となって電気を進む力に変化させています。

この時のモーターを電動機といいます。「 気をきに変換する械 」で電動機です。

電動機の仲間

電動機以外にも、いろんな機械が電気を仕事に変換しています。

電気を熱に変換する機械は「 電熱器(でんねつき)」と呼ばれ、電気ヒーターや電気湯沸かし器、電気炊飯器などに使われています。

電気を光に変換するモノは「 光電素子(こうでんそし)」です、これは照明やテレビ、センサーなどに使われます。

電気を音に変換するものは「 スピーカー 」です、ラジオや電話、音楽プレイヤーなどに使われます。

電気を風に変換するものは「 扇風機 」です。

air 扇風機 サーキュレーター 送風 プロペラ

その他の変換器

電気以外のエネルギーを変化させるものもあります。

  • 会社は労働力を給料に変換しています。
  • 車・バイクはガソリンを進む力に
  • 自転車は人の力を進む力に
  • ストーブは灯油を熱に変換しています。

crafts バイク モトクロス エンデューロレース

 

電力(でんりょく)

電気が仕事をする力を「 電力 」といい、「 W(わっと)」という単位で表します。

電力は、電圧と電流をかけた値です。

100ボルトの電源から、10アンペアの電流が流れている場合、電力は1000ワットです。

式にすると「 100V ×10A =1000W 」で表すことが出来ます。
電圧について」 「電流について
下の画像の電気ストーブは、電圧が100Vで、消費電力は800W、なので電流は8A流れます。

関連記事

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です