テーブルトップ上りの飛距離を計算する

ミニ四駆ジャパンカップジュニアサーキットのスロープセクションは曲面の組み合わせなので、正確な射出角はわかりません。

速ければ射出角は大きく、高低さも大きくなります。

ここで表す値は以下の条件で計算したものです。

ミニ四駆 立体コース スロープセクションの図 角度長さ 飛距離を求める

ミニ四駆の立体コース スロープセクション 飛距離 着地速度など

  • 射出角は14°
  • 高低差30㎜
  • 空気抵抗無視

雑な条件ですけど、大きく外れていない思います。

速度による着地の状態 飛距離 滞空時間 ミニ四駆 コースアウト対策

25㎞/hで、飛距離が2.18mも進むんですね(@o@)

2mっていうと、ストレート4枚分くらい‥そんなに飛ぶの?

なんか、この計算は怪しい気がする‥。

スロープ上りのブレーキでかなりスピード落としてるのかな?

 

上の表の「飛距離」と「着地角度」を実際のJCJC寸法にプロットしたものです。

あんまり横長の図になるので、横は縮尺1/2です。縦は1/1で書いています。

テーブルトップ上りの飛距離を計算する 着地点 立体コース コースアウト対策

1枚で収まったら15㎞/h以下

20㎞/h超えると2枚に収まりきれないみたいですね。

関連記事

おわり。


1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です