流体について

風になびく髪 金髪 流体 大気の流れ

流体とは、流れることが出来るモノです。

液体・気体・プラズマが流体です。

このページでは、液体と気体について書いています。プラズマは難しので省きます‥(^-^;

水道 水の流れ 青空 バルブ

流れ

[同じモノ]が連なって移動すると流れになります。

流れは、圧力・濃度・温度などの[差]があるところに発生して、[差]を無くそうと働いて、[差]が無くなると止まります。

差が大きくなるほど、急いで差を無くそうと働いて、流れが強く速くなります。
圧力について

  • 電圧の差 → 電流
  • 気圧・気温の差 → 気流
  • 水圧・水温の差 → 水流
  • 浸透圧差 → 水分の移動

例えば‥水道ホースの出口をつぶすと、勢いよく水が流れます。

これはホース内の圧力が高くなって、ホース外との圧力差が大きくなるからです。

ホースの出口をつぶさない場合は、圧力差が小さいのでユックリ流れます。

水圧 水の流れ いきおい じゃー ぶしゅー

いろんな流体

下に身近な液体・気体をあげています。

プラズマも含めれば、「火」も「電気」も流体です。

軽くても重くても、サラサラでもドロドロでも、流れれば流体です。

  • ガス
  • 血液
  • マヨネーズ
  • マグマ

どろどろ 高温 溶解状態 火山

 

流体の特徴

風だろうが、マグマだろうが流体です。流体にはいくつかの共通した特徴があります。

 

粘度

粘り気(ねばりけ)の度合いです。サラサラしているものは粘度が低い、ドロドロは粘度が高いです。

  • 空気の粘度:非常に低いので、普段の生活で気にすることはありません。
  • 水の粘度:水中を歩くと感じる「重さ」「進みにくさ」の原因です。
  • マグマの粘度:多分マグマの中では身動きが取れません、どろどろ過ぎて。

このように、粘度が高いドロドロだと、動きを邪魔します。

ミニ四駆では、グリスのドロドロを無くしたいから「脱脂」しますね。

粘度は動きを邪魔する成分です((+_+))
[半固体潤滑剤について]

油 オイル 液体

 

密度

密度は、モノの密集具合です。密度が高いと硬くて、低いと軟らかいです。

下の密度は例です。
「重さ」じゃないけど、重さみたいなもんです。

  • 空気:低密度(重さなんて無い)
  • 水 :中密度(軽い)
  • 人間:高密度(重い)
  • 鉄 :超高密度(超重い)

空気中に水があって、水中に人間が潜って、人間に鉄製の包丁が入る(刺さる)。

このように、高密度のものは、低密度のモノの中に割り込むことが出来ます。

もし、人間(高密度)を、鉄の中に入れたいのであれば、鉄を高温にしてドロドロの液体(中密度)にしましょう。

水を、人間に割り込ませたいなら、水を低温にして氷(超高密度)にして刺しましょう\(^o^)/

baikal バイカル湖 つらら 観光 寒い 凍結

なにかを運ぶ

流体は、粘度や密度をもっているので、圧力・熱・濃度などを運ぶついでに、何か運べます。

  • 風は、香り・煙・湿気・熱気球などを運びます。
  • 血液は、栄養や酸素を体中に運んでいます。
  • 水は、流しそうめん・魚・船・洋服や食器の汚れなど。

silhouette シルエット 風を感じて 夕日

 

発電

風力発電、水力発電は流体の運動エネルギー(流れ)を電気エネルギーに変換しています。

動きを電気に変換する装置としてプロペラなどが使われます。

流れでプロペラを回して、その回転で電動機(発電機)を回しています。

流れの中にプロペラを突っ込めるのは、流体よりもプロペラの方が密度が高いから。

プロペラが回るのは、流体が持つ粘度で、プロペラを押したり引いたりしているから。

増速気 発電機 電動機 月

 

流体の性格

流体は[平等]が好きなので、[差]を無くそうと働いて、圧力・熱・濃度などを運んでいます。

自然は人間とは違います。持つ者が さらに持つために、持たない者から無理やり奪う事はありません。

その代わりに、差が大き過ぎると、ものすごい勢いで平等にしようとするので台風・洪水・落雷などが起こります。「平等を壊しやがって、許さんぞ!」だそうですm(__)m

 

時間も流体?

時間も流れてるんだから流体でしょ?じゃあ、時の流れに変換器を接続すればエネルギーが取り出せるよね?

時間を動きに変換する「時動機」とか発明したら、地球のエネルギー問題が解決して平和が訪れるね\(^o^)/

時間の50%を運動エネルギーに変換したら、時間の量が半分になるっていう事だから、一日が48時間になるよね?!

そもそも、時間のエネルギーって何に影響を及ぼす力なの?時計の針を回して、砂時計の砂を落としてるだけだよね?

じゃあ、時計の針を逆に回せば過去に行けるやん!

砂時計を反転させたら、過去に行けるやん!

あーぁ、気づいてしまった。これは僕がノーベル賞をもらうのも時間の問題だな(*´艸`)

時間 経過 時の流れ

関連記事

おわり。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です