電線について

power-lines

電線は電気の通り道です。通したい電気の量によって必要な電線の太さが変わります。

大きな電流を送りたい場合には、太い電線を使って広い通り道を作ります。

小さな電流を送るときも太い電線をつかっていいけど 、太い電線は値段が高いので 節約して細い電線を使います。

 

電線の単位

電線の太さは「Φ」や「 ㎜2 」で表します。

「 Φ 」はパイと読み、直径を表します。「Φ」と「パイ」と「π(円周率)」は円関係の仲間みたいなもんです。

「㎜2」はスクウェア(略してスケ)と読み、断面積を表します。電線を切ったときの、切り口の面積の広さを指しています。

100mm2 ケーブル <PS>E 電気の通り道
黄色の線も ミドリの線も 黒も電線です。

黒には[ 100㎜2 ]と書いてあります、これは断面積が100㎜2の広さという事です。

 

いろんな電線

電気を通せば、なんでも電線です。

  • 電信柱の電線
  • コンセントに差し込むコード
  • テレビのアンテナ線
  • ミニ四駆のスイッチ金具(ターミナル)
  • イヤフォンのコードも電線です。

電信柱の電線は太くてイヤフォンのコードは細いです、この太さの差は 流れる電気の大きさによる差です。

1.6 2.0 VVF より線 単線 ワイヤー

電線の材料

電線は「 電気の通り道 」なので電気を通しすい材料が使われます。

多くの電線は「 銅(どう)」で作られています。

ミニ四駆の「 電気の通り道 」であるターミナル(スイッチ金具)も銅で出来ています。

銅の生産量の70%は電線に使われています。「銅(どう)について

実は、銅よりも「 銀 」のほうが電気を通しやすいけど、銀は高価なので電線には使われません。

電気の通り道を見て茶色だったら「 銅 」、銀色だったら「 アルミニウム 」が使われています。

下の画像は、LED電球とソケットです。
アルミ 銅の使用例 銅は電気伝導性に優れている

 

導電率ランキング

電気の通りやすさは「 導電率(どうでんりつ)」 や 「 電気伝導率(でんきでんどうりつ)」などで表します。

導電率の反対は「 電気抵抗率 」で、電気の通りにくさを表します。

下のランキングは銅を100%とした値です。

  1. 銀:106%
  2. 銅:100%
  3. 金:71%
  4. アルミニウム:61%
  5. マグネシウム:38%
  6. タングステン:31%
  7. モリブデン:30%

導電率ランキング 金 銀 銅 電気を通す

鉄は17%で、黄銅(真鍮)は22%くらい。

純水(不純物が入っていないもの)は0%で、電気を通しません。

でも、一般的な水は不純物が入っていて電気を通しやすいので、濡れた手で電線に触ると感電しますよ!注意してくださいねm(_ _)m

関連記事

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です