メイホウトレンディー フタの開き止めを作る

便利に改造する 蓋の開き止め 簡単 おすすめ

材料

  • ボールチェーン(ボールサイズ4ミリ)長さ50センチくらい
  • ボールチェーンカップリング(4ミリ/3.5ミリ用4個
  • うす頭ボルト(M4*長さ10ミリ)4本
  • 普通のナット(M4)4個
  • ふくろナット(M4)4個
  • ワッシャー(M4用)4個

ボールチェーンとカップリングは、ボールのサイズをあわせてください。

カップリングの固定穴に入るサイズのボルトを使ってください。

うす頭ボルトを使っているのは、ボックス表面がフラットになるように。

凸凹してるとかっこ悪いし、引っかかってしまいます。

ボルト先をかくすために「ふくろナット」を使います。

ボルトの先端が出ていると、引っかかってケガして痛いのです(-_-)

カップリング 薄平頭ボル ボールチェーン アクリル板 カップリング 薄平頭ボル ボールチェーン 袋ナット

 

位置決め

ボルトを通す穴の位置を決めます。

チェーンの位置によって使い勝手が変わるので、使い方の「クセ」の邪魔にならないように位置をきめます。

僕はボックスの横からも手が通りやすく、すみっこにも手が届きやすいような位置にしています。

ふた側を「せまく」にしているのは、ふたを開けたときの衝撃過重を弱くするためです。

カップリング 薄平頭ボル ボールチェーン ミニ四駆の収納 便利に改造する 蓋の開き止め 簡単 おすすめ

ボックスの凸凹を基準にして、ものさしなどで凸凹から離れたところに穴位置の目印をつけます。

凸凹を目印にして、そこに穴を開けるとうまく組み立ちません。

穴位置は凸凹から離れたフラットな面にします。

ミニ四駆の工具箱 位置出し 加工 穴あけ

 

目印は鉛筆でつけます。あとで消せるように。

ミニ四駆の工具箱 位置出し 加工 穴あけ

 

加工

ボックスの材料は樹脂なので、穴あけ加工はハンドドリルで十分です。

できるだけ面に対して直角に穴を開けます。

ミニ四駆の工具箱 位置出し 加工 穴あけ

 

組み立て

あけた穴にボルトを通して、カップリングをナットで閉めこみます。

ボックス内側、ふくろナットがボルトの先をおおっています。

カップリング 薄平頭ボル ボールチェーン 開き止め

 

ボックス外側、うすナットのおかげでフラットに仕上がっています。

カップリング 薄平頭ボル ボールチェーン ミニ四駆収納

調整

お好みでフタの止まり角度を調整できます。

ボールチェーンは玉の数で長さをそろえられるので、

微調整で失敗してドンドン短くなって悲しくなることはありません\(^o^)/

向こう側に倒しておくと、パーツケースやマシン、充電器などを立てかけて置けますよ(´v`* )

メイホートレンディー 改造 フタの開き止めを作る 迷惑をかけないように

僕の開き止めの目的は「ピットのお向かいさんの迷惑にならないように」

なので、なるべく直立の位置で止まるように調整しています。

この角度でもフタに物を立てかけておけるので不便はありません(∩´∀`)∩これで完成です。

ミニ四駆 ピットボックスを改造する 便利 あおり止め

関連記事

おわり。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です