ローラーの転がり性能を比較したときの環境

ミニ四駆に使われるローラーの性能を比較しています。

ぷらローラー オールアルミ プラリング ゴムリング

このページには比較・測定方法だけを書いています。

比較した結果は、下のリンクからどうぞm(__)m

プラローラー

4種類を比較しています。

  • 19mm低摩擦プラローラー
  • 13mm低摩擦プラローラー
  • 13mmプラローラー
  • 13mmゴムリングローラー

  

 

ベアリングローラー/ローラー用ベアリング

10種類を比較しています。

  • 19mmアルミベアリングローラー (5本スポークタイプ)
  • 軽量19mmオールアルミベアリングローラー
  • 19mmオールアルミベアリングローラーセット(レッド)
  • 19mmプラリング付きアルミベアリングローラー(ディッシュタイプ)
  • 19mmプラリング付アルミベアリングローラー(5本スポーク)(レッド)
  • ローラー用13mmボールベアリングセット2
  • 13mmオールアルミベアリングローラー
  • (ローラー用13mmボールベアリング4個付き)
  • ダンガンレーサーローラー用9mmボールベアリングセット
  • 850ベアリング2個セット

  

 

比較環境

フィールド条件

気温29℃~31℃。ほとんど無風

JCJCバンクアプローチとJCJCストレートセクション複数をつないだコース。

コースの傾きは、コレくらい。

ミニ四駆のローラー実験 転がり抵抗 プラローラー JCJC バンクアプローチ

 

マシン条件

無加工のMAシャーシ、スパーギアのみ抜いています。

大径ローハイトホイールを取り付けています。

タイヤの転がり抵抗を除きたいので、タイヤは使いません。

ほかの条件は変えずに、ローラーのみ交換しています。

ローラーを交換したら、転がす前に 指でローラーを10回程度はじいて空回しして、

濡れタオルでホイールとローラー外径を拭きあげています。

ミニ四駆のローラー実験 転がり抵抗 プラローラー ベアリングローラー

 

測定条件

バンクアプローチの端に、リアローラーをひっかけて、ひっかけたローラーを横に押して転がします。

後ろから前へ向かう力は加えていません。

ミニ四駆のローラー実験方法 転がり抵抗 テストフィールド ベアリングローラー

バンクアプローチとストレートセクションのつなぎ目から、何センチメートル転がったのかを測定しています。

5回 転がして、その平均値を書いているので、画像とは値が違います。

ボールベアリング系のローラーは、転がすたびに転がり距離が長くなる傾向があるので、距離の伸びが落ち着いてから5回 転がした平均値を書いています。

関連記事

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です