転がり軸受(ボールベアリング)の抵抗比較

ここでは、ミニ四駆に使われる転がり軸受の3種類の転がり抵抗を比較しています。

  • 丸穴ボールベアリング
  • 六角穴ボールベアリング
  • 700円620ベアリング

ここで使っている全ボールベアリングは、開封したてホヤホヤの未使用未加工新品です。

mini4wd parts boll bearing 性能比較

比較条件はコチラ→ベアリングの性能比較

 

丸穴ボールベアリング

平均136センチメートル。

ミニ四駆の実験 転がり軸受け比較 ベアリングの性能 研究

 

六角穴ボールベアリング

平均136センチメートル。

ミニ四駆 ベアリングの性能比較 転がり性能 内部抵抗

 

700円620ベアリング

ホイールは、ベアリングを圧迫しないように取り付けています。

ホイールとベアリングとのすき間はこれくらいです。って言っても写真では分かりませんね(;^_^A

MAシャーシ セッティング 軸受けとホイール

 

平均80センチメートル。

ミニ四駆 AOパーツ 620ボールベアリング2個セット 転がり抵抗

 

まとめ

ボールベアリング(転がり軸受)転がり距離。

  • 丸穴:136
  • 六角穴:136cm
  • 700円620:80cm

こういうデータを知らずに[とりあえず評判がいいから620を使っている]という初心者は少なくないんじゃないでしょうか(>_<)?

620は[脱脂][慣らし][注油][シール外し]など手間暇かけてあげないと覚醒しませんよ!

↓に脱脂方法と慣らし方を紹介しているページへのリンクを貼っています。興味がある方はドーゾm(_ _)m

おわり。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です