ワークマシンとは

ワークマシンは走らないミニ四駆です。

モーター慣らし・ベアリング慣らし、タイヤ削りなどに使える便利アイテムです(∩´∀`)∩

材料は、ちゃんとタイヤが回るシャーシです。

電池とスイッチとギアとベアリングが有ればいいんです。

壊れたシャーシや使わなくなったシャーシが有るなら、それを使えばいいんです。

 

僕のワークマシン

TZシャーシのバンパーを切ったモノを使っています。

ミニ四駆を始めたころに先輩からもらいました\(^o^)/先輩ありがとー。

STZシャーシをワークマシンにする エネライト 大径ホイール

 

バンパーを切ってるのは、こう持つときに邪魔になるから。

タイヤ・ホイールを削るときにはこの持ち方が楽なんです。

STZシャーシをワークマシンにする エネライト 大径ホイール

 

モーター慣らし

僕は、モーター慣らしでは逆回転も使いたいので、電池のプラスとマイナスを逆に入れる必要があります。

でも、TZシャーシはフロントギアカバーのこの辺にぶつかって電池が逆向きに入らないので、ここをニッパーで切り取っています。

STZシャーシ ニッケル水素電池が入らない場合 エネループ ネオチャンプ スーパーTZシャーシ 電池が入らない時はココを削る 充電電池が入らない

他のシャーシでも、電池を逆にするとうまく入らないものがあります、そういうものは電池がぶつかる部分を削ってしまいましょう。

どうせ走らせないシャーシなので、強度のことは気にせず邪魔な部分はドンドン削りましょう!

タイヤ削り

タイヤ削りは、ギア比を高くしてトルクをかせぎます。

写真は青と黄緑の5:1ギアを使っています。

前タイヤは使わないので、クラウンギアとプロペラシャフトは要りません。

STZシャーシ ギア比 加工用のシャーシ 改造用

 

ホイールの反対側はピニオンギアで固定しています。

これで充分です、いちいちホイールを抜き差しするのが面倒なので(^-^;

STZシャーシ ワークマシンのギア比 加工用のシャーシ 改造用

 

サイドバンパーを支点にしてカッターナイフを動かして、タイヤを切ったり削ったりします。

スーパーTZシャーシ 加工用のシャーシ タイヤを加工する

 

ワークマシンでは不満‥

「ワークマシンではタイヤの寸法精度が出ないだろ」や「ワークマシンでは電池二本しか使えないやん」っていう、こだわりたい人はこんなのが有りますよ!

高級品なので、僕は持ってません(^▽^;)

モーター慣らし機

ミニ ブレークインシステム G0121:4500円くらい

 

タイヤ削り機

SPタイヤカッターV2・ミニ4用:9000円くらい

ワークマシンで充分

上の高級品の値段をみると、「ワークマシンでいいか‥(-_-)」っていう気分になりませんか?

いいんですよ!ワークマシンで!

安上がりだし、モーター慣らしもタイヤ削りもできるし、持ち運びやすいし、すぐ作れるし!

作ってみませんか?改造の幅が広がって楽しいですよ( *´艸`)

 

関連記事

おわり。


2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です