VSシャーシのリアステー取付穴を補強する

ミニ四駆 VSシャーシのリアステー取り付け穴を補強する オススメの改造

キットに付属しているノーマルのリアステーを使った リアステー取り付け穴の補強を紹介しています。

ノーマルのリアステーは、VSシャーシのミニ四駆キットに必ず入っているけど使わずに捨ててしまうコレ↓です。

ミニ四駆の改造 VSシャーシのリアステー取付穴を強化する 材料 捨てる部品をリサイクル

 

用意するもの

  • ノーマルのリアステー(0円)
  • 瞬間接着剤(100円)
  • ニッパー

 

補強材の切り出し

リアステーの丸を切り取ります。

このとき少しだけ足を残して前方後円墳みたいな形にします。

ミニ四駆の改造 VSシャーシのリアステー取付穴を強化する 材料 捨てる部品をリサイクル

 

この足の部分を、シャーシの壁にピッタリにカットできると接着面積が増えて強度が高くなりますよ\(^o^)/

どうせ後で接着剤を流し込むのでピッタリにカットできなくても問題ありません。

ミニ四駆 リアバンパー取り付け穴を補強する 強度を上げる 簡単な改造

補強材の接着

補強材をのっける。補強材の足をシャーシ壁に向けて置いてください。

ミニ四駆の改造 VSシャーシのリアステー取付穴を強化する 材料 捨てる部品をリサイクル

 

ネジをしっかり締めこんで、元々のステー取り付け面に接着剤が入りこまないようにします。

固定がゆるいと、補強材と元々の取り付け面の間に接着剤が入り込んでしまいます。

そうなると、左右のリアステー取り付け面の高さがズレてしまってセッティングしにくくなってしまいます(x_x;)

ミニ四駆 VSシャーシのリアステー取り付け穴を補強する オススメの改造

 

しっかりネジで固定したら、接着剤を流し込みます。

接着剤は、補強材の内部には入れせません。補強材の周辺だけです。

ミニ四駆 リアバンパー取り付け穴を補強する 強度を上げる 簡単な改造

 

リアステー取り付け面に接着剤がつかないように気をつけてくださいm(_ _)m

これも、左右ステーの高さがずれる原因になります。

取り付け面についた接着剤は、小さいものならカッターナイフではじいてやると取れますけど‥大量についてしまったら、精度はあきらめてください(ToT )

接着剤は、上から垂らすじゃなくて、横から流し込む感覚で作業すると失敗しにくいですよ(´v`* )

ミニ四駆 VSシャーシのリアステー取り付け穴を補強する オススメの改造

 

完成

ミニ四駆 VSシャーシのリアステー取り付け穴を補強する オススメの改造

 

完成したら、左右の高さがズレていないか確認しておきましょう。

リアステーにブレーキや下スタビを取り付けて、車体の前部を持ち上げてブレーキが左右同時に着地すればOKです( ゚ω^ )b

ミニ四駆 リアバンパー取り付け穴を補強する 強度を上げる 簡単な改造

VSシャーシのココ、こわれやすくて困ってしまいますよね(´~`)

この補強方法なら、キット付属のリアステーを使うのでお金がかからないし、接着剤でくっつけるだけで簡単!

おすすめの改造です\(^o^)/

関連記事

おわり。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です