中空ペラタイヤの作り方

ミニ四駆 中空タイヤ 肩切り落とし ニッパー

用意するもの

  • ワークマシン
  • ニッパー(はさみ)
  • デザインナイフ(カッターナイフ)
  • ミニ四駆マルチテープ(マスキングテープ)
  • 中空ゴム小径タイヤ

[ワークマシンとは]ミニ四駆 ワークマシン カッターナイフ ニッパー マスキングテープ 中空ゴム小径タイヤ

下のナイフとニッパーは、僕が使っているものと同じです。長持ちするし、使いやすいですよ( *´艸`)‥少し値段が高いけど。
   

中空タイヤをハメる

このクルッとなっている部分が邪魔でホイールにハメにくいので、切り取ってしまいます。

画像ではニッパーで切ってるけど、タイヤが薄いからハサミでも切れますよ。

ミニ四駆の改造 中空タイヤ ニッパー mini4wd

 

切り取ったら、タイヤにはめ込みます。

ミニ四駆 タイヤを改造する ペラタイヤを作る 作り方

基準を作る

テープを巻き付けます。できるだけまっすぐ巻いてください。このテープのはしっこを基準にして切ります。

この基準で4本とも同じタイヤ幅にします。

テープは何でもいいんです、今回はたまたま手元にマルチテープが有ったのでソレを使いました。

細いテープを使えば、細いタイヤができますよ(´▽`*)

ミニ四駆 マルチテープ 大径ホイール ワークマシン

 

切る

ワークマシンを回して、テープのはしっこにナイフを当てます。

画像ではデザインナイフを使ってるけど、100均のカッターナイフでもO.K.です。

ミニ四駆 ワークマシン デザインナイフ STZシャーシ

 

タイヤが薄いので簡単に切れてしまいます。

ミニ四駆 STZシャーシ ワークマシン ペラタイヤ 幅をそろえる

 

反対側も同じように切ります。

中空ゴム小径タイヤ 幅をそろえる タイヤ切り取り 改造

 

完成

加工前と加工後の比較。

ミニ四駆 中空タイヤ 肩切り落とし ニッパー

道具がそろっていれば、加工は1分で終わります\(^o^)/

ホイールも加工します

中空ペラは、フランジをカットしたホイールとセットで使います。フランジは下の図の丸で囲んでいる部分です。

中空ペラは薄いので、ホイールのフランジ部分がコースに接地してしまいます。

ミニ四駆 ペラタイヤ用のホイールを作る フランジを切り取る 改造

 

黄色ホイールは無加工、赤はフランジをカットしたものです。

ミニ四駆のホイール ペラタイヤ用に加工する フランジをカット

 

実はルール違反なんだけど‥

ミニ四駆のルール(レギュレーション)に「タイヤ以外の最低地上高は1㎜以上にしてください」という規定があります。

中空タイヤの厚みは0.6㎜で、コース面からホイールまで1㎜以上を確保できていません(^-^;

でも、多くのレースの車検には通っているようです。この辺は「車検員次第」というグレーゾーンのようです。

たしか、公式大会でも車検に通ったという記録がありました。

もし、中空ペラタイヤでレースに出る予定なら、事前に中空ペラは使用可能か確認しておいた方が良いでしょうm(_ _)m

ミニ四駆 レギュレーション違反 最低地上高1mm未満 ペラタイヤ

関連記事

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です