モーターの構造

このページでは、モーター慣らしのために知っておきたいモーターの構造を紹介しています。主に電気的な構造の紹介です。

 

モーター分解

ノーマルモーターを分解しました。

左側の白いプラスチックは「エンドベル」。

右の金属の部品は「モーター缶」といいます。

ミニ四駆のモーター エンドベル モーター缶 改造

 

分解する方法

エンドベルの凹みにかかっている、モーター缶の爪を二個所はずすと分解できます。

画像ではニッパーを使って爪をはずしてるけど、刃が傷むのでおススメしません(;’A`)これは安物のもう使わないニッパーを使っています。

小さいマイナスドライバーがあると分解しやすいですよ(*’▽’)

でも、爪はけっこう硬いので、安物だとドライバーのほうが負けます。

精密ドライバー6本セット100円では分解できませんでしたm(__)m

 

エンドベル

白い樹脂と、茶色の金属で構成されています。

樹脂はABSかな?金属は銅です、ここを電気が通ります。

黄色いのは半固体潤滑剤(グリス)です。

ミニ四駆のモーター ターミナル ブラシ グリス エンドベル

 

モーター缶

いろいろ詰まってます。ここでは簡単な紹介だけ。

全部説明してると長く難しくなるので、そのうち別ページを作ってソッチで紹介しようと思っています。

    • 突き出ている銀色の棒はモーターピン
    • モーターピンの根元の黄色いドロドロはグリス
    • グリスで覆われている茶色の部分は整流子(せいりゅうし)
    • 赤い線はコイル
    • 缶の両側の黒いコレ→( )は磁石

ミニ四駆のモーター 中身 コイル 磁石 グリス

各部の名称

慣らしのために覚えておきたい部品の名前です。主に電気の通り道になる部品です。

ターミナルとブラシは名前は違うけど一体型です、一枚の銅板で作られていてプラスチックの中でつながっています。

整流子も銅で作られていて、電気が流れます。

ミニ四駆のモーターを分解した モーターピン ブラシ ターミナル

モーター内部の構造 磁石 コイル ブラシ

 

電気の通り道を図にしました。

ターミナル モーターピン 整流子 ブラシ

電気の流れ

モーターは電気で回転するので、電気を流す必要があります。

モーターへの電気の流れは、電池の+極につながっているターミナルから入ってきて、モーターを通って、電池-極に戻ります。

モーター内の電気の流れ

+ターミナル→整流子→-ターミナル

mini4wd motor electric current

関連記事

おわり。


1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です