MAシャーシの軽量化

ミニ四駆の肉抜き 電池ボックスを取り除く ニッパー 除去加工

軽量化前、ノーマル状態の蛍光グリーンMAシャーシの重量は23.4グラム

無加工23.4グラム 重量測定 ミニ四駆 軽量化前の重量

 

使う道具はニッパーだけ。

ニッパーでブチブチ切るだけの お手軽改造です\(^o^)/

抜くところ

切っても良いところを探して、肉抜きする部分に目印をつけます。

黒い部分は切り落とすところです。

どうせFRPを取り付けてローラーをセッティングするから、フロントバンパーとリアバンパーは切る。

僕はサイドバンパーは使わないので、切り落とします(*´з`)

MAシャーシ 取り除く部分 削るところ いらない所

 

ボディフックは強度がいらないから抜いちゃう。

電池の下は、大きく肉抜く。コレで電池の取り外しが簡単になる(*n’∀’)n

MAシャーシ 取り除く部分 削るところ いらない所

切る

ニッパーで切る。

ミニ四駆の肉抜き フロントバンパーを切る ニッパー ミニ四駆の肉抜き 電池ボックスを取り除く ニッパー 除去加工

 

ベアリング受けを支えているリブ部も落とす、角を落としても強度は保てるから。

青がノーマル状態、赤が角を落とした状態。

MAシャーシ 取り除く部分 削るところ いらない所

 

残すところ

切ったらダメなところ。

切るとルール違反になるところや、走らなくなる部分は必ず残しておきましょう。

電池ホルダーを引っ掛ける凸を残しています。

電池固定のために、電池スペースの両端だけ壁と床を残しています。

電池方向確認のために、プラス(+)とマイナス(-)の表示は残しています。

ミニ四駆の肉抜き 残しておく部分 軽量化しない箇所 肉抜きしちゃダメな部分

 

ベアリング受けは精度が必要なので加工しない!

ギアボックスが開放(穴あき)状態になると、ギアに塗ったグリス・オイルがコースに飛び散ってしまって、ルール違反になってしまいます。

黄色で囲んだ部分は、バッテリーターミナルを支えてモーターターミナルに押し付けている部分なので残しておきます。

ミニ四駆の肉抜き 削っちゃダメな部分 重要な所 残しておく箇所

重量測定

軽量化後17.7グラム。一円玉5枚分も軽くなった!

ノーマル状態の23.4グラムから、5.7グラムの軽量化ヘ(゚∀゚ヘ)

フロント・リアバンパーを切り落としたら、もっと軽くなるんだろうけど‥

セッティングの幅がせまくなるのは好きじゃないんだ( ´ー`)

17.7グラム 重量測定 ミニ四駆 軽量化後の重量

今回はニッパーのみの加工だったので、[穴あけ]はやっていません。

穴をあける場合も、[削っちゃダメ]な部分に気を付けて加工してくださいね(^^♪

関連記事

おわり。


1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です