ノギスで内側の長さを測定する方法

間違った測定方法 内側 ないそく 測定対象の一番広い部分を測定する

ここでは、ノギスで内測(ないそく)するときの手順をを紹介しています。

内測とは、内形の寸法を測定することを言います。

内測の場面
    • 穴の直径を測定
    • みぞの幅の測定

内側とは 内側の長さを測定する 内径測定

ミニ四駆では

ローラーの穴の直径や 肉抜き穴の大きさ、

コース1レーンの広さを測定したり、ヒクオのアームの間隔を調べたり。

色々と使い道があるので、まだ内測方法を習得していない方は、

この機会に ぜひ どうぞ(*p’∀’q)

 

ノギスの各部の名称や役割はコチラ⇒[ノギスとは]

 

測定順序

  1. 0点確認
  2. 測定
  3. 目盛りを読む。

 

0点確認

ジョウを完全に閉じたときに、副尺目盛りの[0] と 本尺目盛りの[0]が一致していることと、

内測用のジョウがピッタリ閉じていることを確認します。

ミツトヨのデジタルノギス セロセット 0設定 測定準備

僕のポンコツ アナログノギスは内測用ジョウが無いので、今回はデジタルノギスを例に紹介しています(;゚─゚)

ノギスは、デジタルもアナログも基本は同じですm(_ _)m

内測ジョウのピッタリ確認には 光 を使います。

光にかざして、少しだけギリギリ光が見えるくらいだったらO.K.です。

測定の準備 ゼロセット 0設定 測定の精度を高くする
 

測定

1番広いところで測る

内測ジョウを穴につっこんで、スライダーをズラし広げます。

内測ジョウが最も開いた状態で寸法を読みます。

内測ジョウを最も開くために、穴の1番広い・離れた位置にジョウを配置します。

正しい測定方法 内側 測定対象の一番広い部分を測定する ミニ四駆のホイール

 

平行で測る

内測ジョウを開くために、本尺と測定物を平行におきます。

下の画像では、タイヤが少し かたむいて見えますが、これで勘弁してくださいm(_ _)m

何度 画像を取り直しても、なぜかこれくらい傾いて写るんです。・゚・(ノд`)・゚・。

正しい測定方法 内側 測定対象とノギスを平行に置く ミニ四駆のホイール

 

誤った測定

上で紹介したのは、正しい内測です。

ここでは、正しい寸法が出ない、誤った測定の例を紹介します。

せまいところで測る

これでは、穴の直径は測定できませんね。

間違った測定方法 内側 ないそく 測定対象の一番広い部分を測定する

 

かたむいて測る

これも、直径の測定はできません。

左側のジョウは穴のフチにかかっていますが、

右のジョウは穴のフチよりも内側にかかっていて、

本来の直径21.00ミリから、1ミリ以上の誤差があります。

誤った測定方法 内側 ないそく 測定対象が傾いている

 

目盛りを読む

下の画像を見ると、外測用ジョウ(画像左側の大きいほう)と

内測用ジョウ(右側の小さいほう)の開き量は同じだと分かります。

なので、外測と同じように、目盛りを読みます。

外測を例にした目盛りの読み方は[ノギスの目盛りの読み方(外形寸法を測定する)]で紹介しています。

内側ジョウと外側ジョウの動き 目盛の読み方 ミツトヨのデジタルノギス

 

正しく目盛りを読む

せまいところで測った場合も、かたむいて測った時も、本来の寸法21.00mmよりも小さな値を示しています。

内測の場合、誤った測定をすると実際の寸法よりも小さな値を示します。

測定値が小さいときは、[かたむいたまま]か [せまいところ]を測定しているという事になります。

一発目から[1番広いところを平行に測定できた!]と思い込まずに、

これよりも大きい寸法が出るんじゃないか?と、うたがって 対象物やノギスの角度を少しづつ変えてみてください、

そうして、1番大きい値をみつけて、それを測定値として採用します。

 

内測は活躍します

ミニ四駆好きな人は、そのうち他の工作・製作にも手を出すんじゃないでしょうか(´v`* )?

そうなると、内測は しょっちゅう使うようになると思います。

今は、使わなくても 将来そのうち使うようになるかもしれないし、

内測を覚えたら、いろいろ使い道が見つかります。そういうものです。

内測、ぜひ どうぞm(_ _)m

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です