ノギスの目盛りの読み方と外側の長さを測定する方法

ここでは、M型ノギスでの外側の長さを測定しています。

モノの外側を測定することを[外側(がいそく)]と言います。

ノギスの各部の名称や役割はコチラ⇒[ ノギスとは ]

 

測定順序

    1. 副尺0の位置を確認します
    2. 副尺0と同じ位置、もしくは副0より左にある1番近い本尺の目盛りが整数値
    3. 副尺0と本尺目盛りがズレている(同じ位置に無い)とき
    4. 副目盛りと本目盛りがピッタリな位置を探す
    5. ピッタリ位置の副尺目盛りが小数点以下の値

 

下の画像を例にすると

副尺0の位置を確認します

副尺0以左の1番近い本尺の目盛り[ 10 ]が整数値

副尺0と本尺目盛りがズレているので

副目盛りと本目盛りがピッタリな位置を探します。

副0が 本尺10.2~10.3あたりを指しているので

副尺目盛り2~3付近でピッタリ位置を探します

副2が 本目盛り(18)とピッタリなので、小数点以下の値は[  ]です。

上で読んだ整数値[ 10 ]と 小数点以下値[  ]なので、

この目盛りの目盛りの読みは[ 10.20 ]ミリです。

測定方法 数値を読み取る 10.20mm ミツトヨ ステンレス製

 

0.00

測定の基準になる0.00mm。0設定やゼロセットといいます。

完全にジョウを閉じていて、0.00を測定している状態。

このとき、本尺の[ 0 ] と 副尺の[ 0 ]が同じ位置にあります。

整数値0と 小数点以下の値0で 0.00ミリを指しています。

測定方法 0設定 ゼロセット 測定の準備

 

10.00ミリ

本尺[ 10 ] と 副尺の[ 0 ]が同じ位置にあるので、

整数値10と 小数点以下値0で 10.00ミリです。

測定方法 数値を読み取る 10.00mm 本尺の目盛りと副尺の目盛り

このとき、本10と 副0以外の目盛りは、上下でズレています。

このズレは、1ミリ幅で付けられている本尺目盛りと

1.95ミリ幅で付けられている副尺目盛りの差です。

副尺目盛りは39ミリを20等分しています(←39÷20=1.95)

この差 0.05ミリづつズレています。

この0.05ミリは積み重なって、副尺0から離れるほどズレが多きなります。

    • 黄色では0.05ミリ
    • 黄緑では0.10ミリ
    • 緑では0.15ミリ
    • 深緑では0.20ミリ

のズレが発生します。

副尺の目盛り5 のあたりでは、副5が支持しているのは本尺29なのか30なのか区別ができないほどです。

 

10.50ミリ

本尺の およそ10.5 の位置に 副尺の[ 0 ]が有ります。

およそでは不十分なので、確認をします。

副0が 本10.5あたりを指しているので、

副5を見てみると、本尺30の目盛りとピッタリです。

コレで、小数点以下の値は5で間違いありません。

これは10.50ミリを指しています。

測定方法 数値を読み取る 10.50mm 本尺の目盛りと副尺の目盛り

 

10.05

10.05ミリの場合はこうなります。

副尺目盛り0は 本尺目盛り10より少しだけ大きいほうにズレています。

0.1ミリくらいズレてるかな?と副尺1を見てみると、

こちらは小さいほうに少しずれています。

ということで、0と1の中間である副尺0.5を見てみると

ここで本尺12の目盛りとピッタリです。

なので、整数値10と 小数点以下値0.5で

この目盛りの読みは10.05ミリです。

測定方法 数値を読み取る 10.05mm 本尺の目盛りと副尺の目盛り

 

13ミリローラーを測定する

副尺0が、本尺12.9あたりを指しているので、

整数値は12

小数点以下値を読もうと、副尺9あたりを見ていると、

副9でピッタリ!と言いたい所ですけど‥

副8.5もピッタリに見えますね。

こういう場合は、その中間の値をとって副尺[ 8.75 ]とします。

なので、整数値12と 小数点以下値8.75で

この13ミリローラーの直径は12.875ミリであるという事になります。

ミニ四駆のローラー 13mmオールアルミベアリングローラーの直径は12.875mm 測定方法 外側

ハイパーダッシュモーターの厚みを測定する

はい、コレ。何ミリでしょうか?

測定方法 ミニ四駆のモーター ハイパーダッシュモーターの厚みを測定する

 

 

 

 

15.2mmですね(*‘∀‘)

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です