マイクロメーターの構造

ここでは、外測マイクロメーター0~25ミリを例に、構造や仕組みなどを紹介しています。

マイクロメーターの各部の名称などはコチラ⇒[ マイクロメーターとは ]

シンブルとスリーブ

シンブルとスリーブは内部にネジを持つネジ対遇の関係です。

ねじ対遇 シンブルとスリーブ  Micrometer

 

スリーブとスピンドルは一体型なので、スリーブを回すとスピンドルが伸縮します。

マイクロメーターを分解する 構造 シンブル スピンドル

 

ネジ対遇が離れるまで、回したら抜けてしまいます。

このネジは非常に精度の高いのもなので、一般的なネジと違い[ガタ]がありません。

少しでもネジがキズ付くと使い物になりません。抜きとったなら慎重に取り扱ってくださいm(_ _)m

マイクロメーターを分解する 構造 シンブル アンビル

 

スピンドルの根元には[おねじ]が、スリーブには[めねじ]があります。

これらが対遇しています。

このネジはピッチが0.5ミリなので、シンブルを一回転させると、スピンドルが0.5ミリ伸縮します。

雄ネジと雌ネジ スピンドル スリーブ ねじピッチ0.5mm

 

クランプ

クランプレバーを抜いた状態。

常にクランプのへこみがスピンドルにかかっているので、

スピンドルを抜いてしまわないと、クランプレバーは抜けません。

分解 クランプ へこみ スピンドルを固定する

 

クランプOFFの状態。

スピンドルの穴に横穴が見えます。

クランプOFF マイクロメーターの中身 仕組み

 

クランプONの状態。

横穴があった部分が盛り上がっています。

これがスピンドルを押し付けて、回転を止めています。

クランプON マイクロメーターの中身 仕組み

 

ラチェット

ラチェットのフタだけを外した状態です。

ラチェット機構 バネ ノコ刃状 止め棒

 

さらに解体するとこうなります。

止め棒の先端が変色していて、熱処理が施されていることが分かります。

止め棒が入っていた穴の奥に、バネ状の構造が確認できます。

ラチェットの構造 バネ ノコ刃状 止め棒

 

図に起こすと こうなっています。

ラチェットの構造 バネ ノコ刃状 止め棒

止め棒の先のななめと、のこ刃状のおかげで一方向にしか回転できません。

止め棒は、下の押しバネで一定圧で押し上げられています。

これにより、バネの伸び以上の圧をかけてラチェットをまわすと空回りしてしまいます。

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です