TPE(てぃーぴーいー)について

TPEはThermo plastic Elastomers(さーも ぷらすちっく えらすとまー)の略

日本語で言うと[熱可塑性エラストマー]

[エラストマー]はゴム状のモノをさします。安価で大量生産され 工業製品・生活用品に使用される材料です。

TPEにはたくさんの種類があります。

種類によって性質も変わりますが、ここではTPEの平均的な性能を紹介しています。

 

種類

  • スチレン系
  • オレフィン系
  • 塩ビ系
  • ポリウレタン系
  • ポリエステル系
  • ナイロン系
  • アミド系

色んな種類があります。

以下の特徴や用途はTPE全般的なところで書いています。

 

特徴

    1. プラスチックとゴムの中間の性質を持ちます。
    2. 成形が容易
    3. 生産サイクルが短く、短時間で大量に成形できる。
    4. 複雑な形状を容易に成型できる。
    5. 着色ができる。
    6. 電気絶縁性が高い
    7. ゴムより軽い。
    8. 高温では柔らかく、低温では硬くなる。
    9. 耐溶剤性が弱い
    10. 耐熱性が低い

[1.]半分ゴムなので、滑り止めやグリップなどに使われます。

[2.][3.][4.][5.]は製造工程での話です。

性能

    1. 比重:1.0前後
    2. 引っ張り強さ:5~20MPa前後
    3. 圧縮強さ:200~500MPa前後
    4. 曲げ強さ  MPa
    5. ロックウェル硬度
    6. ノッチありアイゾット衝撃強さ  J/m
    7. 耐熱温度:60~90℃前後

柔らかいので[曲げ強度][硬度]はありません‥多分。

 

用途

    • タイヤ・チューブ・ベルト・ホース・シール部品
    • リモコンのボタン・自転車バイクのハンドルグリップ・靴底
    • 梱包材・衝撃吸収材・スポーツ用品
    • 家電部品・自動車部品
    • 食品容器
    • 電線被覆

自転車のハンドルグリップ Thermo plastic Elastomers

加工

硬いものは削りやすく、柔らかいものは削りにくいです。

耐熱温度が低いので、ルーター、グラインダーの切削熱で溶けます。

溶かしたくない箇所の加工は、切削速度を落としましょう。

硬くても柔らかくても切れます。塗装はできません。染めましょう。

 

ミニ四駆では

ミニ四駆の[タイヤ]がTPEで成形されています。

スーパーハードからソフトまではTPEです。

ローフリクションローハイトタイヤも多分TPEです。

mini4wd tire ハード スーパーハード ローフリクション

関連記事

おわり。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です