アルミニウムについて

元素記号Al 原子番号13 面心立法格子構造

比重2.7

常磁性

引っ張り強さ  MPa

融点660.32℃

電気抵抗率28nΩ・m

熱伝導率237W/(m・K)

ヤング率70GPa

剛性率26GPa

体積弾性率76GPa

ポアソン比0.35

ビッカース硬度167MPa

アルミ箔 アルミホイル 薄く伸ばしたアルミニウム

 

純アルミニウム

成分の99%がAl(アルミニウム)で構成されたものを「純アルミニウム」と言います。

重さ(比重)は鉄の1/3程度です。

純アルミニウムは加工性・熱伝導性・電気伝導性・耐食性が優れています。

弱い・柔らかいので機械的強度が必要ない箇所・部品に使われます。

純アルミニウムは強度が低いので、他の元素と合金にして使われます。

アルミ 銅の使用例 銅は電気伝導性に優れている

 

使用例
  • 1円玉(正式名称:1円玉アルミニウム貨幣)
  • アルミホイル(アルミ箔)
  • アルミ缶
  • 電線・電球ねじ
  • 放熱板・熱交換器

一円玉 硬貨 日本円 アルミ

アルミニウム合金(あるみにうむごうきん)

アルミニウムは銅などの元素を添加すると「アルミニウム合金」になります。

アルミニウム合金は「銅」などの添加元素の量や、「焼入れ」などの熱処理で性質を調整できます。

添加元素の配合量の違いで色んな種類があります。

以下では「アルミニウム合金の種類」「添加元素の種類」を紹介します。

アルミニウム合金の種類
    • ジュラルミン:アルミ・マグネシウム・銅・マンガンの合金。
    • 超ジュラルミン:「ちょうじゅらるみん」と読みます。アルミ・マグネシウム・銅の合金。一般鋼材程度の強度を持つ。
    • 超々ジュラルミン:「ちょうちょうじゅらるみん」と読みます。アルミ・亜鉛・マグネシウム・銅の合金。アルミ合金中で最高の強度をもつ。

 

添加元素の種類

Si(ケイ素):硬く・強くする。

Cu(銅):硬く・強くする。切削性を向上させる。

Mg(マグネシウム):耐食性・強度を向上させる。

Zn(亜鉛):有害な不純物。耐食性を低下させる。

Fe(鉄):焼き付きを防止する。

アルミ缶 缶ジュース 

 

ミニ四駆では

アルミローラーにアルミホイール、モーターサポート、スペーサーなど、いろんなパーツに使われています。

スペーサーは軽さのために、モーターサポートは放熱板としてアルミが採用されています。

アルミは加工しやすいので、色んな形のローラーとホイールが作られていますね(´﹃`*)

ぷらローラー オールアルミ プラリング ゴムリング

関連記事

おわり。


5件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です