表面性状

コンクリート セメント モルタル 割れ

機械部品の表面は、使用目的によって表面性状に違いがあります。

このページでは表面の「粗さ(あらさ)」について書いています。

表面性状は面粗度(めんそど)や表面粗さなどと呼ばれることがあります。

「ツルツル」か「ザラザラ」かという話です。

concrete-work コンクリート 均し セメント 左官

粗さ(あらさ)

物の平面性状を理想表面と比較した時の鉛直方向の差。

差が大きければ[粗い]、差が小さければ[滑らか]です。

表面が荒いほど摩耗が激しく、摩擦係数が大きい。

表面の不均一は割れや腐食の原因になります。

多くの場合、表面は滑らかな方が好まれますが、接着や締結などでは、多少の粗さが望まれることがあります。

表面を滑らかにするほど、加工の手間がかかり費用が大きくなります。

微細形状

加工表面の凹凸などの表面性状は、機械部品の寸法や形状の精度を高めるうえで障害になり、部品の互換性や寿命、外観上の価値を低下させます。

なので、必要に応じて表面性状を限定しなければなりません。

加工表面の凹凸を切断して拡大すると下の図の「凹凸断面図」のようになります。

加工表面図 断面曲線 うねり曲線 粗さ曲線

 

断面曲線

粗さ測定機ので得られた測定断面曲線のデータから、ごく短い波長の凹凸を取り除いた曲線。

 

凹凸断面図の曲線よりも滑らかになっています。

 

うねり曲線

測定断面曲線のデータから、長い波長(うねり成分)のみを残したもの。

 

断面曲線よりもなめらかな曲線です。

 

粗さ曲線

断面曲線から、うねり分を取り除いた曲線です。

 

表面粗さの種類

一般的に、粗さの指定には「Ra」が使われます。

シール面などキズが入ると機能を損なうような部品・箇所の表面には最高点と最低点で求められるRmaxが利用される場合もあります。

 

Ra(算術平均粗さ)

粗さ曲線から基準長さ分を抜き取り、この部分の平均線から測定曲線までの偏差の絶対値を合計し、平均した値。

って書いても何のこっちゃわからんと思いますので、ザッと説明すると。。

まず、粗さ曲線を、平均線から折り返して‥

Ra 算術平均粗さ図1 荒さ曲線 平均線

突出部を谷部に折り込んで平均した線と、平均線の距離の値が「 Ra 」です。

算術平均粗さ図2 Ra 荒さ曲線 平均線

Rz(十点平均粗さ)

粗さ曲線から基準長さ分を抜き取って、

この部分の「平均線から最高位点(高1)から高五位点(高5)まで絶対値の平均値」と、

「平均線から最低位点(低1)から低五位点(低5)まで絶対値の平均値」との和。

十点平均粗さ図 Rz 荒さ曲線 平均線

 

Rmax(最大高さ粗さ)

粗さ曲線から基準長さ分を抜き取って、この部分の最高点から最低点までの距離の値。

最大高さ粗さ図 Rmax 最高点と最低点のさを最大高さ粗さとする

ミニ四駆では

表面性状の操作は「荒す」か「均す」かです。

ホイール抜けやピニオンギア抜け防止のために、軸の表面を荒すことがありますね。

ボディなどを磨いて(均して)ピカピカにする作業も表面性状の操作です。

 

関連記事

おわり。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です