液体潤滑剤について

オイル・潤滑油のこと。「さらさら」「とろとろ」の液体。

粘性(ねんせい)が高く、皮膜が丈夫なので、物体間の摩擦を軽減させます。

防錆(ぼうせい)や絶縁(ぜつえん)などの性能も持っているので、多くの機械に広く利用されています。

潤滑油は一般的に、油に添加剤を加えたものが使われ、添加剤と粘度(ねんど)により分類されます。

 

添加剤

添加材には多くの種類があります。以下に挙げるのはその一部です。

  • 清浄剤:高温中で発生する有害なスラッジを金属表面から取り除き、化学的に中和にする。
  • 酸化防止剤:過酸化物と反応することにより、油の酸化を防止する。
  • 摩耗防止剤:二次皮膜を形成して摩耗を防止する。
  • 極圧剤:↑の摩耗防止剤よりも、早く・強い二次被膜を形成する。
  • さび止め剤:保護被膜や酸の中和により錆を防ぐ。
  • 腐食防止剤:潤滑油の劣化により発生した、酸化成分を中和する。
  • 金属不活性剤:金属表面を不活性にする。
  • 粘度指数向上剤:温度変化による粘度の変化を低減する
  • 流動点降下剤:低温中での成分の結晶化を防ぐ。
  • 消泡剤:泡を消す。
  • 乳化剤:水と油など、混ざりにくいものを均一にが混ざるように作用するもの。
  • 抗乳化剤:↑の乳化剤の逆の作用を持つ。混ざりにくくする。

粘度(ねんど)

粘りの度合いです。

粘度グレード VG(びすこす ぐれーど)であらわします。

液体の粘度は温度が上昇すると低下します。

あったかいと「さらさら」で、さむいと「どろどろ」です。

ISOではVG2~VG3200までの規格があります。

VGが低いと「さらさら」で、高いと「どろどろ」です。

ダフニー ウォームギヤオイル 460 第四石油類 危険等級Ⅲ

 

潤滑法

潤滑法には以下の種類があります。

  • 手注し(てざし)
  • 滴下(てきか)
  • 油浴(ゆよく)
  • 跳掛け(はねかけ)
  • 噴霧(ふんむ)
手注し(てさし)

最も簡単お手軽な潤滑法。

人間が油の状況を判断して注油します、給油を忘れてしまうという問題があります。

ミニ四駆は手注し潤滑です。

cuisine サラダ オイルをかける 手差し 注油

 

滴下(てきか)

点滴のような方法で油をさします。

注油箇所の上に油貯めを設けて、油滴を落下させます。

「手注し」のような給油忘れを防止できます。

 

油浴(ゆよく)

摩擦部の下に油貯めを設けて、一部を潤滑油に浸す方法。

摩擦部を油の中に半身浴させます。

滴下潤滑 油浴潤滑 断面図 いろんな潤滑方法

 

跳掛け(はねかけ)

摩擦部の下に油貯めを設けて、軸の回転の勢いで油を潤滑箇所全体にまき散らします。

クルマ・バイクの減速歯車装置などに広く使われます。

 

噴霧(ふんむ)

油を圧縮空気で霧状にして潤滑面に吹き付けます。

圧縮空気のおかげで冷却効果が高く、

霧状なので細かい部分まで送り込むことができます。

超高速で稼働する箇所に適しています。

跳ね掛け潤滑 噴霧潤滑 断面図 いろんな潤滑方法

使用例

油浴潤滑装置の例

油浴部内部↓これは保守のために外装を取り外しています。

歯車の一部が潤滑油に浸かっています。

工作機械の潤滑 油貯め 潤滑油 潤滑方法

 

油浴部外観↓

オイルゲージ 給油口 油窓 工作機械の潤滑

 

滴下潤滑装置の例

これは滴下潤滑の一種「灯芯潤滑装置」の例です。

灯芯とは、アルコールランプでいうと火をつけるところ。

糸を編んだロープのような繊維、液体をじわじわ通すあれです。

油貯めの下には大きな回転軸が通っています。

その回転軸まで、じわじわと潤滑油を落としています。

低粘度の潤滑剤 潤滑油が灯芯にしみこむ 回転軸の潤滑 工作機械の中身

 

関連記事

おわり。


4件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です