つなぎ目攻略セッティング比較

前の記事→[つなぎ目攻略]

 

ARブレーキとアンダーガード(うすい方)の比較

アンダーガードを取り付けているシャーシはMAです。

MA・ARはフロントバンパーの底が2°くらいに前あがりになっているので、しゃくれてしまいます。

mini4wd セッティング比較 ARシャーシブレーキセット フロントアンダーガード

 

ARシャーシとVSシャーシの比較

ARシャーシは、フロントバンパーの底と前に角度がついています。

VSシャーシのフロントバンパーは、底が水平で、前が垂直。

わざわざ計算や図解しなくても、どっちが段差に強いかわかりますねヾ(o’∀’o)ノ

ミニ四駆 フロントバンパー比較 ARシャーシ VSシャーシ

引っかかりかた図

マシンが前下がりで、1ミリの段差に着地している図を書きました。

図の左上にはパーツの断面図と寸法を書いています。

パーツは、角度ごとに線の色を変えて書いています。

    •  0°ピンク
    • 15°黒
    • 30°青
    • 45°きみどり

図中の、パーツに添えている寸法や角度の値は正確なものではありません。

青と黒の線が見分けにくくてゴメンナサイm(_ _)m

以下では、AR・MAシャーシのフロントバンパーとARブレーキとアンダーガード薄と直FRPを比較しています。

 

FRP補強プレート

まっすぐの2本入りのFRPです。

水平にかたむき0°でつっこむと段差を乗りこえきれずに止まってしまいます。

30°45°前さがり角度が大きくなるほどに、段差を乗りこえやすくなります。

でも、45°以上の前さがりで着地したら、

隙間や段差がなくてもひっくり返ってコースアウトするでしょう(-_-)

ミニ四駆 パーツ比較 セッティング比較 フロントアンダーガード

フロントアンダーガード(小径タイヤ用)

先が0.5ミリほど切り上げられていて、16°くらいの角度がついています。

先っちょの位置が低い(0.5ミリ)ので、0°で突っ込んだら1ミリ段差をこえられません。

これも、前さがり角度が大きくなるほど段差を乗りこえやすくなります。

MA・ARシャーシに使うと、バンパー底の角度(2°)のせいで、しゃくれてしまいます。

ミニ四駆 パーツ比較 セッティング比較 フロントアンダーガード

 

ARシャーシブレーキセット

先っちょが高い位置にあり、先と腹の部分が曲面で構成されています。

先端の位置が高いので、大きな段差を乗りこえられます。

曲面のおかげで、すき間や段差をスムーズにクリアできます(*´w`)

でも、スムーズにクリアできるのは、前さがり角度が小さいときだけ(;゚─゚)

前さがりの角度が30°と45°の場合は、1ミリの段差に引っかかってしまいます。

ミニ四駆 パーツ比較 セッティング比較 ARシャーシブレーキセット

 

AR・MAシャーシ

先っぽの位置が高いので、大きな段差を乗りこえることができます。

でも、先端角度10°なので、スムーズな乗りえはできません。

ガッ!っと段差に突っ込んで、車体がはねあがって無理やり段差をこえます(;´∀`)

でも、1ミリの段差なら、前さがり45°でつっこんでもクリアできます\(^o^)/

ミニ四駆 パーツ比較 セッティング比較 ARシャーシフロントバンパー

つなぎ目安全セッティング

前さがり角度が30°までならAR・MAのフロントバンパー底2°+ARブレーキの21°の曲面の組み合わせが一番安全につなぎ目をこえられます(∩´∀`)∩

45°なら無加工のAR・MAのフロントバンパーです。

自分のマシンがどんな姿勢でジャンプしているのかを見極めて、

つなぎ目対策セッティングできるようになりましょう\(^o^)/

関連記事

おわり。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です