ローラーでまっすぐ飛ばす

ミニ四駆は、自分のレーンで飛んで、自分のレーンに着地しないとコースアウト扱いです(’A`)

なので、ななめに飛んでとなりのレーンに着地しないようにまっすぐ飛ばします。

ジャンプ対策で「まっすぐ飛ばす」は非常に大変かなり重要です!

ここでは、まっすぐ飛ばすローラーのセッティングやローラーが原因でまっすぐ飛ばない例を紹介しています。

 

前後のローラー幅を同じにする

前後のローラーの幅が違うと、真っ直ぐ飛びません。

前のローラー幅が広いと、コースの内側に向かって飛びます。

後ろのローラー幅が広いと、コースの外側に向かって飛びます。

下の画像は、前のローラー幅が103ミリで後ローラー幅が90ミリの場合です。

壁と比べると2.25度かたむくセッティングです。

前広ローラーセッティング 斜めに進む 傾く MASXXシャーシ

 

大きいローラーを使う

コースの各セクションのつなぎ目には「段差」があります。

この段差にローラーがはじかれて進行方向がかたむきます。

直径の小さいローラーほど大きくはじかれます。

「はじかれ」対策のために、できるだけ大きいローラーを使いましょう。

 

19ミリと9ミリの比較

コースのつなぎ目の段差が1ミリの場合の、はじかれる量の比較です。

1ミリの段差にはじかれると19ミリローラーは13.1度。

9ミリローラーは19.1度かたむきます。

ストレートとコーナーのつなぎ目の段差が1.0㎜あっても気にならないけど、

スロープセクションとのつなぎ目の段差は0.5㎜もあったら大変なことです。

スロープは、上りも下りもその先は宙に浮いている状態になります。

このときコースの壁はマシンの下にあるので、

ローラーを壁に当てて方向を調えることをができません・゚・(つД`)・゚・ 。

飛び出したときのかたむきのまま、コースを外れてしまいます。

なので、まっすぐ飛ばしたければ、段差ではじかれにくいように直径の大きいローラーを使いましょう\(^o^)/

 

13.1度と19.1度の比較

20センチ飛んだところでは2.3センチの差があります。

19.1度のほうが2.3センチ分コースアウトしやすい。

19.1度は、35センチくらい先まで飛ぶと完全にコースアウトです(-_-)

関連記事

おわり。


4件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です