レーンチェンジの特徴

右のレーンから入って、左のレーンから出る

逆走しても変わりません。

 

壁の高さは6センチ

ストレートやコーナーの壁の高さは5センチですが、レーンチェンジの壁の高さは6センチです。

ミニ四駆 レーンチェンジの壁の高さ JCJC 3レーンコース

 

入り口は登り坂で、出口は下り坂

勢いよくレーンチェンジに入ると、スロープセクションのようにマシンがコースを飛び出してしまいます。

ミニ四駆 レーンチェンジ特徴 JCJC 3レーンコース

入り口は左カーブで、出口は右カーブ

スロープセクションとの大きな違いです。

レーンチェンジでのコースアウト対策は、この左右のカーブを利用します。

ミニ四駆 レーンチェンジ特徴 JCJC 3レーンコース

 

構造的に、ほかのセクションより弱い

はめ込み式の接続箇所が多くて1レーンだけ離れていて、

マシンが走るたびにグラグラ ガタガタと不安定に動きます。

ミニ四駆 レーンチェンジ特徴 JCJC 3レーンコース  ミニ四駆 レーンチェンジ特徴 JCJC 3レーンコース

 

本名は「オーバーブリッジ」

ミニ四駆 レーンチェンジ特徴 JCJC 3レーンコース

関連記事

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です