コーナーでのコースアウトの種類と対策

コースアウトの種類

コーナーでのコースアウトは、主に下の3種類です。

    • コース外へ飛び出す
    • 横転する(ローラーで立っている状態)
    • ひっくり返る(裏返し)

 

コースアウト対策

コース外へ飛び出す

この時はアウトリフトが起こっていることが多いです。

アウトリフトを防止するために前ローラーの角度をダウンスラストにしましょう。

すでにダウンスラストになっているのなら、もっとスラスト角度を入れる。

フロントローラーのスラスト角度でアウトリフトを抑え込みます。

もしくは、噛むローラーに交換する。プラローラーをアルミローラーにしたり、

アルミローラーをゴムローラーに交換したり。

リフトの原因(スラスト角度)

コーナーのコースアウト対策 MAシャーシ シューティングプラウドスター セッティング

 

横転する(ローラーで立っている状態)

どちら側に横転しているのかで、対策が違います。

ボディがコーナーの外側に向いていれば、インリフト対策を。

下の画像のように、ボディがコーナー内側に向いていれば、アウトリフト対策をしましょう。

インリフト・アウトリフト対策

コーナーのコースアウト対策 MAシャーシ シューティングプラウドスター セッティング

 

ひっくり返る(裏返し)

ひっくり返るのは、横転した状態で、重心が支点(ローラー)よりも高いところ(ボディ側)に有る場合です。

重心が支点よりも低い位置(タイヤ側)に有れば、横転してもタイヤ側にたおれて元通りになります。

なので、ひっくり返り対策は「重心を、支点よりも低い位置にセッティングすること。」です。

リフトの原因(重心と支点)

コーナーのコースアウト対策 MAシャーシ シューティングプラウドスター セッティング

関連記事

おわり。


1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です