ジャンプ中の姿勢

ジャンプ中の姿勢が悪いと、着地失敗してコースアウトしやすくなります。

できるだけ真っ直ぐ、かたむきが無いように飛ばしましょうヾ(o’∀’o)ノ

 

姿勢の種類

    • ジャンプ中のマシンを、上から見ると「右向き」「左向き」「まっすぐ」の3種類
    • 横から見ると「前あがり」「前さがり」「水平」の3種類
    • 前から見ると「右さがり」「左さがり」「水平」の3種類

それぞれの組み合わせで27種類あります。

 

上から見たときのマシン姿勢かたむきや対策については「○○でまっすぐ飛ばす」シリーズで紹介しています。

このページでは、まず「横から見たジャンプ中の姿勢」を三種類。

 

その下に「前から見たジャンプ中の姿勢」を紹介しています。

前あがり

マシンの後部から着地させる姿勢です。

後タイヤをグリップさせて、車体の後ろ半分が重いセッティングにすれば「前あがり」になりやすいです。

簡単に実現できる姿勢。コースに入りやすいけど、着地で車体が暴れます(;´∀`)

初心者のうちは、この姿勢で飛ぶことが多いです。

前あがりの場合は、着地で暴れるのを防ぐためにマスダンパーを使いましょう。

 

前さがり

マシンの前部から着地させる姿勢です。

後タイヤのグリップを抜いて、車体の前半分が重いセッティングにすれば「前さがり」になりやすいです。

前転や、つなぎ目の段差に引っかかる危険性がある。コースに入れるのは難しいけど、着地はキレイ(´v`* )

上級者が好む滞空姿勢です。

前さがりの場合は、前転や段差対策のセッティングをしておきましょう。

 

水平

車体がかたむかずに、コースと平行の姿勢で飛んで、四輪が同時に着地する。最強の着地\(^o^)/

跳ね返り(バウンド)がとても少ない。車体への負担が少ない。着地後の加速が早い

実現させるのは大変とても非常に難しいです。

ビタッ!と着地するので「びたちゃく」と言われます。

スロープセクション ミニ四駆 立体コース ビタ着

 

右さがり・左さがり

マシンを前(正面)から見たときのかたむきです。

左右の重量配分が違うと、重いほうが下がってしまいます。

左右のタイヤの凸凹や、グリップの違いなども原因です。

壁に当たってるローラーのスラストで、かたむくこともあります。

車体の動き ミニ四駆 立体コース ジャンプ中の姿勢

 

かたむきが少なくまっすぐ飛んでいれば、あまり気にしなくていいけど‥

かたむいたまま壁に乗りあげてしまうとコースアウトにつながります。

右下がりで右の壁に乗り上げたら、右のレーンに滑り込んでしまいます。

右・左さがりは、コースアウト対策としての優先順位は低いけど、余裕があるならしっかりとやっておきましょう(∩´∀`)∩

スロープセクション ミニ四駆 着地失敗 車体の動き

関連記事

おわり。

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です