ブレーキでまっすぐ飛ばす

mini4wd brake setthing 片ブレーキ コースアウト対策 スロープ攻略

ミニ四駆は、自分のレーンで飛んで、自分のレーンに着地しないとコースアウト扱いです(’A`)

なので、ななめに飛んでとなりのレーンに着地しないようにまっすぐ飛ばします。

ジャンプ対策で「まっすぐ飛ばす」は非常に大変かなり重要です!

ここでは、まっすぐ飛ばすブレーキのセッティングやブレーキが原因でまっすぐ飛ばない例を紹介しています。

ブレーキの両端の高さを同じにする

まっすぐ飛ばない原因の一つに「ブレーキの両端の高さが違う」があります。

ブレーキの左と右の高さが違うと、低いほうだけブレーキが効く「片ブレーキ」になって、進む方向がかたむいてしまいます。

スロープのぼりで、かたむいたままジャンプするとコースアウトしやすくなります。

ジャンプで真っ直ぐ飛ばないときは、ブレーキの高さをチェックしてみましょう\(^o^)/

ブレーキの高さチェック

ブレーキの高さの違いが大きければ、すぐに気づくけど。少しの違いだと、なかなか気づきません( ;´д`)

そういう時は、明るくて平らな場所でマシンを傾けて、下とブレーキの隙間を見てみましょう。

もし、少しでも高さが違えば、高いほうから光が透けて見えますよ(*n’∀’)n

ミニ四駆は小さいので、小さい誤差でも命取りになってしまいます(>_<)

片ブレーキになってたら、原因を見つけて対策しましょう!

 

ブレーキの高さが違う原因

    • プレートが曲がっている(折れている)
    • ブレーキスポンジが削れて薄くなっている
    • スペーサーを間違えてる(6ミリと6.7ミリなど)
    • ワッシャーの枚数や種類がちがうなど

「両ブレーキ」にセッティングして、安全にスロープセクションを攻略しましょう(∩´∀`)∩

片ブレーキでのマシンの動き

ブレーキの低いほうが、早く強く効きます。

低いほうは止まりたい、高いほうは進みたい。

この差のせいで、低いほうを支点として、円を書くようにマシンの進行方向がかたむきます。

かたむいたままジャンプしてしまって「まっすぐ飛ばない」になります。

このまま飛べば、着地は壁の上か、隣のレーンでしょうか(-_-;)

関連記事

おわり。


3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です