シューティングスターVer.kcを作る2(くっつける)

ミニ四駆 軽量化 骨 接着する

前の工程でバラバラにしたシューティングスターを、SXシャーシに乗せます。

低く乗せようとすると、キャノピーパーツとエンジンパーツが離れてしまって接着できません(;´∀`)…

なので、プラバンですき間を生めて接着します。

ミドリで囲んだ部分はプラバンです。

SXシャーシ プラバンでくっつける ミニ四駆のボディを加工する

 

横から見るとこうなっています。

赤い部分は電池ホルダーとぶつからないように切り欠いています。

SXシャーシ プラバンでくっつける ミニ四駆のボディを加工する 干渉箇所

 

下の画像は、仮付けした状態。

すっと伸びたノーズや背の高いインテーク、大きなウイングなどの特徴は殺さないように‥

あー、これでも充分かっこいい(´v`* )

このときに悪い部分、修正する場所を探します。

細かったり接着面積が少ないかったりで強度が確保できない部分。

段差やすき間はカッコ良さを失います。

本接着の前に修正してしまいましょう\(^o^)/

ミニ四駆の改造 ボディの軽量化 肉抜き 強度付属 接着が弱い

強度不足部分はプラバンを貼って補強。

ミニ四駆は飾りじゃない、走らせるものだからある程度の強度は絶対必要!

インテークとボディのすき間は、インテーク側を削って調整。

サイドの接着弱いところは、プラバンと接着剤モリモリでくっつける。

体重は7.8グラム。ノーマル状態は14.6グラムだったから、かなりの軽量化(°∀°)!

ミニ四駆の軽量化 重さ7.8グラム ボディを加工する 軽量化

 

シャーシに乗せると‥SXシャーシにちょうど完全にピッタリΣd(゚∀゚d)

しばらくはこのまま白ボディで走らせて折れたり割れたりしなかったら塗装だ!

ミニ四駆の改造 SXシャーシにシューティングスターを乗せる 取付位置の調整 肉抜き

 

横から見るとサイドが寂しい‥あとでプラバンをくっつけてごまかそう(´ε`*)

ミニ四駆 SXシャーシ セッティング 大径バレルタイヤ

 

前の記事→[シューティングスターVER.KCを作る1(分解)]

次の記事→[シューティングスターVER.KCを作る3(塗装)]

関連記事

おわり。


3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です