ナックルブレイカーVer.kcを作る4(仕上げ)

スミ入れ

とりあえずスミ入れ。かなり締まって見える(*‘∀‘)

ほんとに[墨入れ]って効果がバツグンよね!

墨入れは、ミゾとか角とかをペンでなぞるだけの簡単な作業です、やったことないならぜひ挑戦してみてくださいね(^_-)-☆


 

デカール貼り

僕のミニ四駆は白ベースが多くて、白に生えない黄色のデカールがいっぱい残ってしまってるから、今回は黄色をつかいます。

 

デカールにスミ入れ

今回は白地に黄色のデカールを使っています。

白に黄色はコントラストが弱くて、境目があいまいに見えてしまいます。

なので、黄色デカールの周りを黒でなぞって、白ボディとの境界線をしっかり表現します。

こうすれば、地と同系色のシールをはっても存在感を出せる。

 

黄色デカールの下部分にだけスミ入れると、エンブレムに影がついて立体的にみえるでしょ٩(ˊᗜˋ*)و?

キャノピーがあやしい

なんかキャノピーがくすんでると思って裏側を見ると、、やっぱり、塗料がついてる。

でも、これくらいなら爪でこすればキレイになる(*‘∀‘)

せっかくのスモークボディなんだから、ここだけは曇らせるわけにはいかない!って思ってたけど、塗装前に手抜きして、裏側はマスキングテープはってなかったから…。

 

やっぱり、太いんだよ!

塗装してるときに、やり直そうかと思ったけどメンドくさくてそのままにしておいた部分。もーー気になって仕方がないので何とかします。

ノーズの赤いラインが太くて気になるから、黒シールを貼って細く見せようとしたんだけど…

まだ太い、ダメだこりゃ。

 

じゃあミゾを彫ってみよう!

 

ミゾで分けても、となり合ってる赤と赤。太く見えるのは変わらない…_:(´ཀ`」 ∠):

もう赤ラインのふちを黒ペンでぬって細く見せるしかない。と思いきや、このボディはナックルブレイカーブラックスペシャル!ボディの地の色を出せば黒に見えるやん(๑’ڡ’๑)

カッターナイフの背で表面をこすって赤い塗料を落とします。

 

はい!これくらい細くなれば合格!赤をこすったのと こすってないの比較。

ちゃんと細くなってる(*´罒`*)

黒にしたことで、フロントウイングとの境界がはっきりして存在感が増えた(^^♪

 

トップコート

カラーリングが決まって、デカール貼って、墨入れもおもったので、最後の仕上げでトップコートを吹きます。

トップコートは、塗装を守るために最後に吹きかける透明のカラースプレーです。


 

トップコートが乾いた!これでナックルブレイカーVer.kc完成でございます\(^o^)/ やったぜ!

おわり。


前の記事→ナックルブレイカーVER.KCを作る3(色をぬる)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です