ナックルブレイカーVer.kcを作る3(色をぬる)

まずボディを洗って油を落とします。

次にサーフェイサーを吹きます。

 

そのあとに白を吹きます。


 

カラーリングシミュレーション

今回は作りたいカラーリングが決まってないまま作り始めました。形さえ決まってなかったんだから仕方ない(-“-)

なので、白ぬりボディの写真を撮って、お絵描きアプリに取り込んでカラーリングシミュレーションします٩(ˊᗜˋ*)و

 

どーせ僕の作品は白黒赤だから、カラーリングを考えるのは楽チン(*´﹃`*)

写真に落書きができるアプリケーションソフトを使って、色をつけます。

この方法なら実際に見てカラーバランスを確認できるし、何回でも失敗できるし、お金もかからないから超オススメ\(^o^)/

頭の中だけでカラーリングをイメージしてても、実際に塗ってみると「なんか違う…」っていうことは良くあるからね(;’A`)

 

色々と試してみたけど、これが一番好き( *´艸`)

 

塗装

シミュレーションでカラーリングが決まったので、塗装します。

赤にしたい部分以外をマスキングテープでおおって、赤のカラースプレーが付かないようにします。

キャノピーの部分はサーフェイサーを吹く前にマスキングしてたから、これで赤マスキング完了。


 
赤スプレーの後は、黒スプレーを吹きます。

黒にしたい部分のマスキングテープをはがします。いま白く見えている部分に黒のスプレーがかかります。

黒を塗ってから気付いたけど‥これくらいの面積なら、 手抜きして油性ペンで塗ったほうが良かったな(´~`)

わざわざマスキングテープをはがして、スプレー吹いて乾くのを待っててムダな時間だった_:(´ཀ`」 ∠):

 

黒が乾いたら、マスキングテープをはがします。

 

塗装はがし

色ぬったけど、どうもココが気に入らない。なんか赤のラインが太くない?

もっと細く[シュッ]っとさせたほうがカッコ良くない?

ということで、ココだけ修正しますヽ( ´ー`)ノ

 

修正するときの基準は、ボディラインの山(折り目がついてる部分)。

ココから下を白に塗ります。

赤の上に重ねて白のスプレーを吹いても、ピンク色になってしまうので、下の塗料ごとけずり取ってしまいます。

カッターナイフの背でボディ表面をスーッとけずります。

塗装をはがしたら、またマスキングしてサフ吹いて白を重ねます:;(∩´﹏`∩);:めんどくさい。

これで修正おわり。塗装おわり(๑’ڡ’๑)

 

あ…ここ気になるぞ…

ウイングの赤いラインを細くしたおかげで、ノーズの赤いラインが太く見える( ;∀;)

けど、もうそのままでイイかな、やりたくないよ(´^`;)

つづく。

前の記事→ナックルブレイカーVER.KCを作る2(形をつくる)

次の記事→ナックルブレイカーVer.kcを作る4(仕上げ)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です