シャーシの色とボディの種類

色鉛筆 color カラー

ココでは、性能に関係ない「見た目」を紹介します。

色は速さに関係ないけど、ミニ四駆には「コンデレ」という、美しさを競う部門があります。

速いミニ四駆を作るのは楽しいですけど、美しいミニ四駆を作るのも楽しいですよ٩(ˊᗜˋ*)و

シャーシとボディとAパーツをカラーコーディネートするだけでも綺麗なマシンができます。

さらに言うと、ローラー・ホイール・タイヤの色もコーディネートするとカッコよくなりますよ(^^♪

 

2016年6月現在、販売されているミニ四駆のシャーシは11種類あります。

ココでは限定商品はカウントしていません。通常販売の商品のみの数字です。

数字はタミヤのサイトから拾ったものです。

 

ボディの種類

  • MA:5種類
  • AR:8種類
  • S2:22種類
  • SXX:4種類
  • S1:15種類

ボディ種類はS2が一番多いです。

S2はS1の進化形なので、過去にS1で発売されていたボディが手軽に使えます。

 

シャーシの色

  • MA:2色(黒・灰)
  • AR:2色(黒・灰)
  • S2:6色(黒・灰・白・赤・橙・水)
  • SXX:3色(白・黒・青)
  • S1:1色(灰色のみ)

シャーシの色もS2が一番多いです。

ボディ種類が多いので、それに合わせた結果でしょうか?

 

Aパーツの色

  • MA:2色(灰・青)
  • AR:3色(黒・赤・青)
  • S2:9色(黒・灰・白・水・青・緑・紫・赤・橙)
  • SXX:3色(白・黒・青)
  • S1:1(色緑のみ)

Aパーツ色もS2が一番多いです。

もう、ここまでくるとタミヤがS2をひいきしているとしか考えられません!

ボディや色にこだわりたい人S2ですね\(^o^)/

2016年6月→2018年4月の比較

ボディの種類
  • MA:5→14種類
  • AR:8→15種類
  • S2:22→28種類
  • SXX:4→4種類
  • S1:15→15種類
  • FM-A:0→5

MAシャーシのボディは、実車系とハイパーダッシュ!四駆郎系がふえました。

ARシャーシは、以前TZシャーシで発売されていたボディのプレミアム化で数を増やしています。

S2は動物シリーズが増えましたね(*‘∀‘)

SXXは、通常商品も限定商品でも新製品は発売されませんでした(つ﹏<。)

S1は、限定で[アストロブーメランクリヤーレッドスペシャル]が発売されましたね(^^♪

 

シャーシの色
  • MA:2→3色(黒・灰+白)
  • AR:2→2色(黒・灰)
  • S2:6→11色(黒・灰・白・赤・橙・水+深緑・青・緑青・緑・紺)
  • SXX:3→3色(白・黒・青)
  • S1:1→1色(灰色のみ)
  • FMA:0→2色(黒・灰)

S2がさらにカラフルになりました。

 

Aパーツの色
  • MA:2→5色(灰・青+黄・赤・白)
  • AR:3→5色(黒・赤・青+灰・紫)
  • S2:9→11色(黒・灰・白・水・青・緑・紫・赤・橙+金・桃)
  • SXX:3→3色(白・黒・青)
  • S1:1→1色(緑のみ)
  • FMA:0→3色(黒・青・赤)

 

関連記事

 

おわり。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です