バスターソニックVer.kcを作る3(パテ盛り)

プラバンを貼り付ける ミニ四駆のボディを改造する 軽量化

フロントカウルにプラバンを貼り付けて出来た段差を解消するために、パテを盛ります。

パテはドロドロ状態のプラスチック見たいなものです。

乾燥して硬くなるとプラスチック然とします。

ミニ四駆は競技車両だから出来るだけ軽く仕上げたいけど、段差がガタガタだとダサいので最低限パテ盛りで済ませます\(^o^)/

パテ盛り フロントカウル ミニ四駆のボディを加工する コンクールデレガンス


パテが固まったら、ヤスリで削って成形します。

段差の谷にパテが入って固まってるから、段が解消されて滑らかな面ができた(∩´∀`)∩。

パテ盛り フロントカウル ミニ四駆のボディを加工する コンクールデレガンス

しっぽのランナーの凸凹を埋めるためにパテを盛ります。

すでに、ウイング取り付け穴はパテで埋めています。良い画像が無くてゴメンナサイm(_ _)m

パテ盛り 垂直尾翼 ミニ四駆のボディを加工する コンクールデレガンス

ウイング取り付け穴と、しっぽのパテ成形が終わったので、次は謎の凹みを埋めます。

キャノピー前の凹みは、切り取ってしまいます。

凹みをパテで埋め立てると、重くなって走行性能が低くなるので‥(ToT )

ARシャーシ 自作ボディ コンデレ作品 肉抜き

 

切り取った部分には、裏からプラバン0.5ミリを貼り付ける。

プラバンを貼り付ける ミニ四駆のボディを改造する 接着剤

 

そこにパテを盛って、段差を埋めてフラット面を作ります。

ミニ四駆 ボディを加工する ヤスリがけ 表面を滑らかにする

 

パテが固まったら、ヤスリで削って平面にならします。

ミニ四駆 ボディを加工する ヤスリがけ 表面を滑らかにする

 

成形で削るついでに、軽量化のためにボディ裏側を削ってしまいます(*n’∀’)n

光にかざして、向こう側が透けて見えるまで薄く軽く。

プラバンを貼り付ける ミニ四駆のボディを改造する 接着剤

これで形が決まったので、次は色を塗ります。

 

前の記事→[ワイルドザウルスVER.KCを作る4(塗る)]

次の記事→[ワイルドザウルスVER.KCを作る6(完成)]

関連記事

おわり。

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です