ブレイジングマックスVer.kcを作る5(接合)

くっ付ける作業です。

プラバンを貼って、ボディキャッチを取り付けます。

まずフロント。ボディフックを作ります。

プラバンを少し大きめに切り出して、ボディにくっ付けます。

ミニ四駆の改造 プラバンでボディフックを作る ニッパー コンデレ

 

プラバンに鉛筆で切り取り線を描いて、

ミニ四駆の改造 プラバンでボディフックを作る ニッパー コンデレ

 

ニッパーで切り取る。

ミニ四駆の改造 プラバンでボディフックを作る ニッパー コンデレ

 

切り取ったプラバンをボディにくっ付けます。

100円の瞬間接着剤をつかいます。

フックの部分が外れないように接着剤をたっぷり使います。

たっぷり使うと乾燥・硬化に時間がかかってしまいます、そういう時は「スプレープライマー」をシュッと一吹きしてやると、乾燥・硬化が「あっ」という間に済みますよ(*’▽’)

ミニ四駆の改造 プラバンでボディフックを作る 瞬間接着剤 コンデレ


大きめに切り出したのでフック受けに入りません。

キャノピー肉抜きしてるときに割れたので、その補強のためにキャノピー上にもプラバンを貼り付けています。

ミニ四駆の改造 プラバンでボディフックを作る 入らない コンデレ

 

左右対称になるようにカッターナイフで整形します。

ミニ四駆の改造 プラバンでボディフックを作る カッターナイフで調整 コンデレ

ミニ四駆の改造 プラバンでボディフックを作る カッターナイフで調整 コンデレ

これで、ボディフック完成。

ミニ四駆のフロントは「シュッ」っとしていた方が速そうに見えるので、先端をとがらせます。

いまのままでは先端がつぶれていて遅そうに見えます。

キャノピー先端にプラバンを貼り付けて、

ミニ四駆のボディ プラバンで改造する 0.5mm 先端をシュッとする

 

左右対称を見ながらカッターナイフで形を整えます。

ミニ四駆のボディ プラバンで改造する 0.5mm 先端をシュッとする

これで先っちょがとんがりました。速そうに見えます。

 

次はリアの加工です。

ボディキャッチをとりつけたいんだけど、もともとのボディキャッチが使い物になりません。

ミニ四駆の改造 ボディキャッチを作る コンデレーション VSシャーシ

取り付けた時に傾いています。これでは接着しにくいんです。

なので、クリヤーボディセットに入っているボディキャッチを使います。

 

このままだと大きくて重いので不要な部分を切り取ります。

ミニ四駆の改造 クリヤーボディ用のボディキャッチ コンデレーション VSシャーシ

ニッパーでパチッとおおおおおおおおおお切り易い!!!

さすがABS!どこぞのPSとは大違いです。

もうABSなしでは生きていけそうにありません(*´﹃`*)

 

用意したボディキャッチをどうやってくっ付けようか‥。

もっと尻尾が長ければ何とかなるんだけど‥

ならば尻尾を伸ばしましょう。

プラバンを貼り付けて尻尾を追加します。

伸ばしたのは良いけど、高さがボディキャッチまで届かない‥。

ミニ四駆の改造 ボディキャッチを作る コンデレーション VSシャーシ

すき間をプラバンで埋めてしまうのは簡単だけど、美観を損ねるし重くなる。

なので、ボディを下げます、干渉箇所を探して削って探して削って、なんとか追加尻尾がボディキャッチに届きました。

ミニ四駆の改造 クリヤーボディ用のボディキャッチを使う コンデレーション VSシャーシ

 

追加尻尾をボディキャッチの中心に接着します。

ミニ四駆の改造 クリヤーボディ用のボディキャッチを使う コンデレーション VSシャーシ

このままではとても大変かなりカッコ悪いので、尻尾をカッコよくしていきます。

 

追加尻尾にプラバンを貼り付けて、元尻尾と同じ高さにします。段差が目立たないよにヤスリをかけて表面を均します。

ミニ四駆のボディ プラバンで改造する 先端をシュッとする コンデレ

 

側面にもプラバンを貼ります。段差が不格好なのでプラバン追加。

ミニ四駆のボディ プラバンで改造する 先端をシュッとする コンデレ

 

断面を整えて‥これで格好いい!

ミニ四駆のボディ プラバンで改造する 先端をシュッとする コンデレ

これで接合加工は終わりです。

前の記事→[ブレマVER.KCを作る4(仕上げ切削)]

次の記事→[ブレマVER.KCを作る6(塗装前の下地処理)]

関連記事

おわり。

 

4件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です