ブレイジングマックスVer.kcを作る11(再塗装)

塗装工程はザッっとこんな感じ「ブレマVER.KCを作る6(塗装前の下地処理)」→「ブレイジングマックスVER.KCを作る7(塗装)」なので、このページでは詳しく記録していませんm(__)m

 

まず、黒にする部分をマスキングテープで覆います。

ミニ四駆のボディを塗装する 塗り分ける カラースプレー マスキングする

 

白スプレーを吹きます。

サーフェイサーは吹いてません、同時進行していた「ヴァンキッシュVer.kc」に吹いたら無くなってしまったので‥。

今からamazonに注文しても届くのは明後日、そんなに待っていられないので「何とかなるだろう」と思って白を吹いたんですけど‥

なんとかなりませんでした( ;∀;)

全然塗料が乗らない、ムラが激しい。(´・ω・)あ~ぁ。

ミニ四駆のボディを塗装する コンクールデレガンス PS材料 色のノリが悪い

プラバン部分は綺麗に塗料が乗ってるけど、ボディ部分は塗料を吸い込んで凸凹が消えない。

ああああこれだからPSはよぉおおおお(# `皿´)!!

 

サーフェイサーが無いので、仕方なく白スプレーの厚塗りで凸凹を誤魔化します。

サーフェイサー(サフ)の有無の比較です。

同じ時 同じ場所で同じカラースプレーで吹いています。

比較しやすいように画像処理して両ボディを近づけています。

サフの役割を思い知ります。

ミニ四駆の塗装 サフ有りとサフ無しの比較 サーフェイサーの役割

サフなしブレマ(画像左)はムラだらけ‥(+_+)

 

せっかくカッターナイフでボディ表面をといで角を立てたのに、塗料の厚塗りで角が丸くなっちゃう(´;ω;`)

製造計画が甘いとこうなる。

僕は(自称)アーティストだから、エンジニアみたいに設計して調達して計画立ててなんてやっているヒマが無いの。

身の内から溢れる美しい感覚を、その瞬間に形にしないと気持ちが悪いの。

だから計画立てずに材料の有無も確認せずに製作にかかって失敗する。

良い子のみんなはちゃんと「調達・製造計画」してから、製作を始めようね!

白を何度も重ね塗りして、ボディ表面の凸凹が小さくなったので、またマスキングします。

マスキングしてスプレー吹いて、マスキングしてスプレー吹いての繰り返しです。

ミニ四駆のボディを塗装する 塗り分ける カラースプレー マスキングする ミニ四駆のコンデレ ボディを塗装する 3色を塗り分ける 赤 ミニ四駆のボディを塗装する 塗り分ける カラースプレー マスキングテープを貼る ミニ四駆のボディを塗装する 塗り分ける カラースプレー マスキングテープの上から塗装する

ミニ四駆のボディを塗装する 塗り分ける カラースプレー マスキングテープをはがす

 

マスキングテープを全部はがすと、この通り。ミニ四駆のボディを塗装する 塗り分ける カラースプレー コンデレ

これで塗装終わり。次は「墨入れ」します。

 

前の記事→[ブレマVER.KCを作る10(プラバン切り出し)]

次の記事→[ブレマVER.KCを作る12(墨入れと溝彫り)]

関連記事

おわり。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です