タイヤのえらびかた

ミニ四駆のタイヤえらびで気をつけることは[形]と[かたさ]です。

[形]と[かたさ]の組み合わせで、加速力やコーナーの速さ、はねにくさを調整します。

[かたち]と[かたさ]は、ミニ四駆の箱のだとココに書いてあります。黄色い線を引いているところです。

ミニ四駆のタイヤ エアロアバンテバイオレットスペシャル 26mmローハイトタイヤ

[26mmハードローハイトタイヤ(バイオレット)]と書いてあります。

この[ハード]がかたさ、[ローハイト]が形をあらわしています。

タイヤの形によって、地面に当たる部分(接地面積)が変わります。

形には主に三種類あります。

  • ローハイト
  • ノーマル
  • バレル

ミニ四駆タイヤの種類 ローハイトタイヤ ノーマルタイヤ バレルタイヤ

 

ローハイト

[ローハイト]=[ロー(低い)]+[ハイト(高さ)]で、タイヤの高さが低い(厚みがうすい)という意味があります。

表面はまっすぐの平らで、地面にあたる部分(接地面積)が広くなっています。

広い接地面積でコースを走るので、グリップが強く、加速も強いです。

ジャンプの着地では、広い面積で着地できるので安定します。

でも、[広い接地面積]のおかげでコーナーは遅いです(´~`)

 

ノーマル

ローハイトとバレルの中間。

真ん中はまっすぐで、両側が丸くなっています。

 

バレル

[バレル]は[樽(たる)]という意味で、表面はタルのように丸くなっています。

丸くて接地面積が少ないので、グリップが弱く、加速も弱いです(‘_’)

ジャンプ後の着地では、[点]で着地するのでハネやすく不安定な着地になります。

でも、[狭い接地面積]のおかげでコーナーは速いです٩(ˊᗜˋ*)و

 

硬さ

かたさによって[グリップ]や[バウンド]などの性能が変わります。

 

グリップ

[グリップ]は路面をとらえるチカラ。床をけり出すために必要です。

グリップが無い状態は[ツルツル]ですべってしまいます。

かたいタイヤはグリップが弱く、やわらかいタイヤはグリップが強い。

くつ底の材料が[かたいプラスチック]と[やわらかいゴム]では、ゴムのくつのほうが速く走れますね。

プラスチックのくつは、ツルツルでグリップが無くて床をけれません。

ゴムのくつはグリップがあるので、しっかりと床をけって速く走れます。

 

バウンド

バウンドは[はねる]という意味です。

ジャンプ後の着地ではねるるとコースアウトしやすくなります。

硬いタイヤはバウンドが少なく、柔らかいタイヤはバウンドが多いです。

鉄球とゴムボールを同じ高さから落とすと、ゴムボールの方が多くバウンド(はね)しますね。

鉄球は硬いから跳ね返りが少なくて、ボムボールは柔らかいので跳ね返りが多いです。

 

かたさの種類

ミニ四駆のタイヤのかたさ(やわらかさ)は、おもに5種類あります。

下の5つは、かたいものから順に並べています。一番下が最もやわらかいです。

  • スーパーハード:とてもかたい、黒。
  • ハード:少しかたい、赤や白の色付き。
  • ノーマル:普通のタイヤ、黒。
  • ソフト:とてもやわらかい、半透明。
  • スポンジ:ふかふか、黒。

かたいタイヤは、加速はおそいけど、コーナーが速くてバウンドが少ない。

やわらかタイヤは、加速は早いけど、コーナーではおそくてバウンドが多い。

ミニ四駆のタイヤ 硬さによる性能の違い スーパーハード スポンジ

 

セッティング

バウンドするかしないか。

加速が強いか弱いか。

コーナーが速いかおそいか、どちらをえらぶか。

コーナーが速くて、加速も強いし、バウンドしにくいタイヤはありません(+_+)

グリップ最強は[ローハイト]の[ソフト]タイヤ

コーナー最速は[バレル]の[スーパーハード]タイヤ

バウンドしにくいのは[ローハイト]の[スーパーハード]タイヤです。

コースをみて、どの性能が必要か見極めてタイヤを選びましょう\(^o^)/

関連記事

おわり。

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です