モーターのえらびかた

ミニ四駆のモーター トルクチューン レブチューン アトミックチューン

ミニ四駆のモーターの種類は大きく分けて3種類のあります。

一番ヘボい「ノーマルモーター」

初心者向けの「チューン2系モーター」

上級者向けの「ダッシュ系モーター」

このページでは初心者向けのモーターを4種類を紹介します。

  • ノーマルモーター
  • レブチューン2モーター
  • アトミックチューン2モーター
  • トルクチューン2モーター

ノーマルモーター レブチューン トルクチューン アトミックつうーんモーター

○○チューン2モーターの[2]は、2番目という意味です。

2015年7月にチューン系のモーターがリニューアルされたので[2]をつけているだけです。

2015年6月までは「○○チューンモーター」でした。 それ以降は「○○チューン2モーター」になりました。

[1]や[3]はありませんm(__)m

ノーマルモーター

一番ヘボいモーター。最初からキットに入っているものがあります。

ゆっくり安全運転で走るので、コースアウトの心配が要りません(๑´◡`)

プラスチック部分が白のものです。

 

レブチューン2モーター

呼び名は「れぶつー」 高回転型のモーター プラスチック部分が青のものです。

[レブ]は[rev]で[revolution]で「レボリューション」と読んで[回転]という意味。

チューン2系では、最も最高速度が速いです\(^o^)/

でも加速(スタートダッシュ)が苦手なので、最高速が出るまでには時間がかかります(;’∀’)

なのでレースでは最高速は出せないと思ってください/(^o^)\

最高速になる前に、コーナーやジャンプ バンクなどで減速してしまうんです・・。

減速してしまうと、また加速しなおさないと最高速までとどきません。

でもレブ2は加速が苦手なので、最高速が出る前にコーナーやジャンプが‥。

かなりのロングストレートが大量にあるコースならレブ2の出番です\(^o^)/

パッケージには[小径タイヤ向け]と書いてありますが、大径タイヤに使ってもルール違反じゃないし、爆発するわけでもありません。

ただ加速がおそくなるだけです(-_-;)

 

アトミックチューン2モーター

呼び名は「あとみつー」 レブ2とトルク2の中間くらいの性能。

[あとみ]は[atomi]で[atomic]で「アトミック」と読んで[原子の]や[原子力の]という意味。

プラスチック部分が黒のものです。初心者にオススメしたいモーターです。

レブ2は遅い、トルク2は速すぎるので。

 

トルクチューン2モーター

呼び名は「とるくつー」 パワータイプのモーター オレンジ色

[とるく]は[torque]で「トルク」と読んで[ねじるチカラ]や[回転力]という意味

チューン2系では最も加速(スタートダッシュ)が速いです╭( ・ㅂ・)و ̑̑

加速だけじゃなくて、全部速いです。

レブ2とアトミ2とは勝負になりません。

ミニ四駆のセッティングは「コース次第」です。

でも、チューン2系では、ぶっちぎりでトルク2が速いです。

でも、初心者には速すぎて使いにくいと思います。

アトミ2で、ブレーキやマスダンパーのセッティングに慣れてからの方が楽しめるでしょう(´▽`*)

モーターの性能イメージ

ミニ四駆のモーター アトミックチューンモーター レブチューン3 トルクチューン2モーター

レブ2は、最高速は高いけど、加速が弱いので最高速に到達するまでに時間がかかります。

トルク2は、最高速は低いけど、加速が強いのですぐ最高速に到達します。

アトミ2はバランスがいいモーターです。

 

セッティング

加速が強くて、最高速が高いモーターはありません。

レースでは[トルク2]を使うのが当たり前になっています。

コースをみて、どの性能が必要か見極めてモーターを選びましょうm(__)m

関連記事

おわり。

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です