ブレーキについて

スロープ走行時の車体の動き ブレーキの効き タイヤが路面から離れる

ミニ四駆のコースには車体がジャンプする部分があります。

ジャンプするのは、スロープやバウンシングという凸凹な部分です。

下の画像、黄色でかこんでいる赤い山がスロープです。

スロープセクション JCJC 三レーン立体コース 中村模型

 

いきおいよくスロープにつっこむと、車体はコースを飛び出してしまいます。

スロープでの車体の動き 上り ジャンプ

速く走るほど高く遠くへ飛びだします。

高く遠く飛ぶほど「着地」は失敗しやすくなり、コースアウトしやすくなります(*_*)

 

スロープでの車体の動き 着地失敗 コースアウト

なので、ゆっくり走りましょう。ゆっくり走るとスロープで飛び出しません( ´∀` )

でも、速く走らないとレースでは勝てません(-_-;)

でも、速く走るとスロープでコースアウトしやすくなります(゜∀。)

 

ブレーキをかける

なので、スロープでブレーキをかけてスピードをおとします。

ミニ四駆のブレーキには↓のようなパーツを使います。
  
ブレーキは、車体がかたむいたときにしか効きません、平面を走っているときには効きません。

これで、スロープ以外は速く走って、スロープではゆっくり走れます\(^o^)/

下の図は「ブレーキなし」と「ブレーキあり」の図です。

ブレーキありとなしの比較図 レギュレーション16.5cm 最低地上高1mm

 

ブレーキの仕組み

下の画像は、前と後ろにブレーキを取り付けた状態です。

ブレーキプレート取付例 中ブレーキ サンダーショットジュニア VSシャーシ

 

スロープを走るとこうなります↓

スロープ走行時の車体の動き ブレーキの効き タイヤが路面から離れる

タイヤとコースをはなすと、タイヤの回転がコースに伝わらずに加速できません。

ブレーキをコースにこすりつけると、進むいきおいが弱くなります。

この効果でスピードがおそくなって、スロープで飛び出さなくなります٩(ˊᗜˋ*)و

セッティング

コースアウトしないためにブレーキを効かせすぎると、そこで相手にぬかれてしまいます。

ジャンプでコースアウトしない、ギリギリのブレーキセッティングをしましょう\(^o^)/

ブレーキプレート取付例 中ブレーキ サンダーショットジュニア VSシャーシ
 

関連記事

おわり。

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です