電池について

パワーチャンプ ネオチャンプ エネループライト 充電電池

ミニ四駆には単三電池をつかいます。

電池には[マンガン電池][アルカリ電池][充電電池(エネループ)]などの種類があります。

 

マンガン電池

電気が弱くて長持ちしないので、ミニ四駆には使いません(+_+)

アルカリ電池の半額くらいで売ってます。

休み休み使うと、少しだけ電気が回復するので、リモコンや時計などに向いています。

マンガン電池 単三乾電池 リモコン 時計

 

アルカリ電池

電気が強くて長持ちします。

モーターを回したり、カメラのフラッシュなど短時間で強い電気が必要なものに使われます。

アルカリ乾電池 単三乾電池 モーター フラッシュ

タミヤがミニ四駆用のアルカリ電池として[パワーチャンプ]を売っていますが、値段が高いので初心者のうちは他の電池で練習したほうがイイかな(;’∀’)

充電電池

ニッ水(にっすい)と呼ばれることもあります。

ニッ水は「ニッケル水素電池」の略称です。

タミヤがミニ四駆用の充電電池として[ネオチャンプ]を売っていますが、、値段が高いので初心者のうちは他の電池で練習したほうがイイかな(;’∀’)

なので、タミヤの充電電池と同じ性能で価格が安いエネループライトを紹介します(^^♪

[エネループライト]は、[エネループ]の弟分です。

[エネループライト]は軽くて、電気容量が少なくて、充電回数が多いのが特徴です。

ニッケル水素電池 充電電池 エネループライト 充電器

画像の白い電池が「エネループ」、水色の電池が「エネループライト」です。

レース(大会)によっては、タミヤの電池以外は使えません(´~`)

でも、エネループを使っていいレースもたくさんあります!

練習に使うのは大丈夫。上級者たちもエネループで練習していますよ٩(ˊᗜˋ*)و

 

電力消費イメージ

下の図は、電池ごとの「長持ち度」イメージを表しています。

電池の電圧1.0V以下で[電池切れ]状態です。

時間と電圧の数字は、実際の数字とは違います。

電池長持ち図 電圧と時間 出力のイメージ

電圧が高いほど、ミニ四駆が速くなります。

エネループは電池切れ寸前まで同じ出力で使えます。

アルカリは新品のうちは最強\(^o^)/

マンガンは最初から最後まで最弱の存在。すぐ電池切れます(´~`)

 

初心者はエネループライトがオススメ!

ある電器屋さんの例をあげると、

アルカリ電池「エボルタ」20本入りで1380円

エネループ充電器セット 電池2本で897円

この値段の差、で、しかもエネループは5000回も充電して使えます(°∀°)

充電電池のエネループ。お得でしょ(*‘∀‘)?

 

関連記事

おわり。

4件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です