ミニ四駆始めたいんだけど‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

もっと電線について

《 電線について 》では、「 電線は電気を通すもの 」と書いていますが、実際は電気を通すものと 電気を通さないものの組み合わせで出来ているものが多いんです。
ミニ四駆の電線(ターミナル)は、「 電気を通すもの 」である銅が丸見えですけど、コンセントの電線は銅が見えません。これは銅を「 電気を通さないもの 」で包んで、電気を逃がさないようにしているからです。電気が人間に向かって逃げると「 感電 」です。

導電体(どうでんたい)

「 電気を通すもの 」です。「 導電体 」や「 電気伝導体(でんきでんどうたい)」、「 導体(どうたい)」とよばれます。
銀・銅・金・アルミニウム・鉄などが導電体です。

絶縁体(ぜつえんたい)

「 電気を通さないもの 」を絶縁体といいます。
絶縁体は、縁を絶つもの。導電体と他者とのつながりを切りはなすモノです。絶は「 切る、はなす 」、縁は「 つながり 」という意味を持っています。

いろんな絶縁体
  • 空気
  • 純水
  • ゴム
  • ビニール
  • ガラス
  • プラスチック

空気が導電体だったら、コンセントの電気が空気中に漏れて感電します。
純水は絶縁体、不純物が入っている普通の水は導電体です。
ゴムやビニールは、電源コードの電気が逃げないように絶縁しています。

半導体(はんどうたい)

半導体は温度によって、導電体にも絶縁体にもなります。
半導体は、ダイオードやコンデンサ、トランジスタ、ICの材料など広く使われています。もっとも身近な半導体は「 LED 」でしょうか?LEDはLight Emitting Diode(発光ダイオード)の略です。
下の画像は、色んな半導体が使われている様子です、電化製品の中身にはこんなのがいっぱい入っています。黒い四角形はIC、青い丸はコンデンサです。
下の方に映っている、虹のようなものは電線です、1本づつ色分けされています。
基盤半導体

電線の中身

電線=導電体+絶縁体
電線を輪切りにすると、中心には銅やアルミなどの導電体があり、その周りをゴムやビニールなどの絶縁体でつつんでいます。
こうすると、電気が流れている電線にさわっても感電しません。
コード断面

 

下の画像は、半透明の絶縁体を使った電源コードです。中に銀色の導電体が通っているのが見えます。
コード透明被覆
関連記事:電線について抵抗について電気抵抗についてエネルギー変換効率について

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ