ミニ四駆始めたいンだけ‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

半固体潤滑剤

グリスのこと。「どろどろ」な半固体。

 

密封装置が簡単になる、密封すれば1年〜2年程度は補給しなくてもいい。

 

転がり軸受や摺動面(しゅうどうめん)に広く利用されています。

 

ミニ四駆にも使われていますね。キットに入っているハイジョイングリス、フッ素樹脂配合のFグリスなど。

 

他にも、ボールベアリングに封入されていたり、モーター内にも使われています。

 

グリスは一般的に、油に添加剤と増稠剤(ぞうちょうざい)を加えたものが使われ、添加剤と稠度(ちょうど)により分類されます。

 

増稠剤

油を半固体にするために加えられます。
石鹸系(せっけんけい)と非石鹸系に分けられます。ここでいう「石鹸」は「金属石鹸」です。

 

石鹸系
  • カルシウム石鹸:カップグリスと呼ばれます。

    使用温度は70℃以下・低負荷・低速の滑り軸受に使われます。

  •  

  • リチウム石鹸:万能グリス。使用温度は200℃以下で、

    自動車や電化製品 各種軸受など最も広く使われます。

  •  

  • ナトリウム石鹸:ファイバーグリスと呼ばれます。使用温度は120℃以下。

    耐水性が無いので、水分があるところでは使用できません。

  •  

  • アルミニウム石鹸:使用温度は80℃以下 金属への粘着性が良い。

 

 

非石鹸系
  • ウレア:非石けん系の代表的なグリースです。耐熱・耐水性に優れ、長寿命。

    使用温度は200℃以下。自動車・電装部品にも多く使用されます。

  •  

  • シリカ:使用温度は200℃以下。耐水・防錆性が低い。
  •  

  • ベントン:融けないグリスと呼ばれ、非常に高い耐熱性を持ちます。

    使用温度は300℃以下防錆性が低い。

万能グリス

 

 

稠度(ちょうど)

「どろどろ」の度合いです。稠度番号であらわします。

 

稠度番号は「000号」「00号」「0号」「1号」「2号」〜「5号」「6号」の9種類です。

 

「000号」が一番柔らかくて、「6号」が一番固いです。

 

流通しているグリスの8割が「2号」です、2割り未満で「1号」です。

 

液体の粘度は温度が上昇すると低下します。

 

あったかいと「さらさら」で、さむいと「どろどろ」です。
グリス1

 

 

添加剤

液体潤滑剤のページで紹介した添加剤に加えて、固体潤滑剤が添加されたものもあります。

 

 

 

関連記事

モーターの構造  液体潤滑剤

 

固体潤滑剤  脱脂(だっし)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ