ミニ四駆始めたいんだけど‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

ノギスの構造

コレを例にして、ノギスの構造を紹介しています。

 

測定器具の仕組み 各部の役割 メートル規格 スペシャル仕様M型ノギス

 

会社のスクラップから、精度が生きてる部品を寄せ集めて作ったスペシャル仕様です。

 

ノギスの各部の名称などはコチラ⇒[ ノギスとは ]

 

 

ジョウを開く

ジョウを開くと、開いた分だけデプスバーが出てきます。

 

ジョウは左側のクチバシ、デプスバーは右側の棒です。

 

20.0ミリ開いたら、20.0ミリ出てきます。
測定器具 150ノギスの構造 各部の役割 外観 JIS1級

 

 

裏側

スライダーから、ながーーーーーーいデプスバーが生えてます。

 

スライダーの白く塗りつぶした部分は、会社の測定器具管理タグです。
測定器具 ノギスの構造 仕組み 裏側 各部の名称 ステンレス

 

 

分解するした

まともなM型ノギスの場合、部品点数は9点。

 

デプスバーは、スライダーにくっ付いていて外れません。

 

でも、これは先っちょが ちょっとくっ付いてるだけだから、

 

ガッっとやったら外れるし、曲がる折れる変形してしまうので、触っちゃダメ!
測定器具 部品 ノギスを解剖した 構造 M型ノギスの特徴

 

 

上半身を拡大

[調整ネジ]と[調整板]は、

 

測定時には、スライダーの中に埋まっているので見えません。

 

 

[止めネジ]を締めこむと、本尺にぶつかって圧をかけるので、

 

本尺とスライダーを固定できます。
ミツトヨ ノギスを分解する 仕組み 各部の名称 拡大写真
クリックで拡大できます。

 

下半身を拡大

本尺の一番下、裏側には[抜け止め]が取り付けられています。

 

[止めネジ]で抜け止めを固定します。

 

この止めネジはM2なので、ミニ四駆のネジが使えます(´v`* )
測定器具 ノギスを解体する 各部の役割 ミニ四駆のネジ デプスバー
クリックで拡大できます。

 

 

下から覗き込むと

スライダーが本尺を包み込んでいます。

 

本尺の裏側にはミゾが入っていて、そこをデプスバーが通ります。
測定機器 ノギスの構造 各部の役割 ミゾ 説明
クリックで拡大できます。

 

調整板の位置

測定時には、調整板は画像の赤で示した位置に居ます。

 

スライダーと本尺の間です。

 

 

調整板は少し曲がっていて、

 

これがスライダーと本尺の間にはいると、

 

板バネの要領で、[すすすうぅ‥]と程よい操作抵抗が発生します。

 

軽い力で[ シャッッ!]と一瞬で100ミリも動いてしまったり、

 

ハンマーで叩かないと動かないようなキツキツでは、

 

まともな測定ができませんから(;´∀`)…
測定器 ノギスの仕組み 各部の役割 調整板 解説

 

 

抜け止めの役割

長いものを測定しようとしてジョウをいっぱい広げると、

 

スライダーが[抜け止め]にぶつかって、これ以上開きません。

 

抜けません( ´ー`)
測定具 ノギスの仕組み 各部の役割 抜け止め M型ノギスの特徴

 

 

関連記事

ノギスの目盛りの読み方  ノギス測定の精度を高めるために

 

マイクロメーターの構造  ミニ四駆用 ノギスの選びかた

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ