ミニ四駆始めたいンだけ‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

軸受(じくうけ)

軸受(じくうけ)は、回転や往復運動する軸を支えます。

 

英語ではベアリングと言います。ベアは支えるという意味があります。

 

軸を正確に滑らかに回転させ、摩擦によるエネルギー損失や発熱を減少させ、部品の焼きつきを防ぐ能力が求められます。

 

幅広い機械製品で利用されていて、回転する部分がある機器には必ず使用されます。

 

転がり軸受・滑り軸受 ラジアル軸受・スラスト軸受などの種類があります。

 

 

軸受の種類

構造による分類
  • 転がり軸受:軸側と受け側の間に転動体を置き荷重を支持する軸受。
  •  

  • 滑り軸受:すべり面で軸を受ける軸受で、給脂して油膜で凝着を防ぎます。
  •  

  • 磁気軸受:回転箇所を磁気で支える軸受。重量が無い状態(宇宙空間など)で使用します。
  •  

  • 流体軸受:空気や油のような流体を使った軸受。流体を使用するので傷つきにくい。

 

 

荷重による分類
  • ラジアル軸受:径方向(軸に対して垂直方向)の荷重を受けます。
  •  

  • スラスト軸受:軸方向の荷重をうけます。

 

 

ミニ四駆では、ローラー軸・ギア軸・車軸・モーター軸などを受けています。

 

「ベアリングなしでミニ四駆組んでみようかなぁ」とか言う人が居ますが、それは不可能です。

 

賢い人や冗談が分かる人が言っている場合は「ボケ」として言っているので、ツッコんであげましょう\(^o^)/

 

軸受(じくうけ)記事一覧

滑り軸受

スライドベアリングのこと。面で荷重を受けているので、高負荷や衝撃荷重(内燃機関の爆発衝撃など)に強いです。一般的に保守・交換を考えて軸受メタルが使われます。軸受メタルは、上下二分割やブッシュなどの形で使います。すべり面で軸を受ける軸受で、給脂して油膜で凝着を防ぎます。構造分割軸受台と軸の間に軸受メタ...

≫続きを読む

 

転がり軸受

ローリングベアリング/ボールベアリングのこと。滑り軸受に比べて静摩擦が小さく、潤滑・保守・交換が容易で、大量生産できて安価で経済的な軸受。構造内輪と外輪の間に複数の転動体を置いて、転動体同士が接触しないように保持器で間隔を保つ構造です。内輪は軸に固定して、外輪は軸受内に固定して使います。種類転動体に...

≫続きを読む

 

スラストとラジアル

機械では方向を示す表現に「スラスト」と「ラジアル」という言葉使うことがあります。これは回転軸に対して直角か平行かという場合に使われます。機械を考えるうえでとても重要な要素です。このページでは「スラスト」と「ラジアル」の比較をしています。スラスト「アキシャル」という言葉を使う場合もあります。スラストは...

≫続きを読む

 

滑りと転がり比較

このページでは「滑り軸受」と「転がり軸受」の比較をしています。耐荷重滑り :衝撃荷重・重負荷に耐えます。転がり:衝撃荷重不可、軽負荷に適します。回転速度滑り :高速に適します。速度の限界は発熱量によります。転がり:速度限界は経験値(dn値)を目安とします。始動摩擦滑り :面接触なので大きい。転がり:...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
もくじ(ページ一覧) 問い合わせ 管理人のこと 管理人のブログ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ