ミニ四駆始めたいンだけ‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

THE APLS(じ あるぷす)の分析

THE ALPS攻略のために、ブレーキと飛距離・着地点などを研究しました。
THE ALPS(ジ アルプス)とはジャパンカップ2016ウルトラバーニングサーキット2016のセクションの1つで、「アイガースロープevo.+TTストレート+アイガーステップ」の区間を指します。

 

この記事のアップロードは、8/28(日)東京大会2組の皆さんには、間に合わないかな(^-^;
9/4(日)掛川大会組の皆さんの役に立てればうれしいです。
ジャパンカップ2016

 

結論的なことを書くと‥登りはじめでは、ブレーキは前後いっぱいに伸ばしていれば、地上高3oでも効きます。
登りきる箇所では地上高1.5oの腹ブレーキが効きます。

 

THE ALPS関連の記事は下の図をもとに分析しています。
アイガースロープevo分析図
高さ470oにマスが6.5個あるので、470÷6.5=72.3。なので、1マスは縦横72.3oです。
登り始めの曲線部はR723o。登り角度は25°。登りきる曲線部はR412o。
TTストレートの長さは1229o。アイガーステップ下り始めの曲線部はR67.3o。

 

以下では「前後ブレーキ」「飛距離・着地点」「腹ブレーキ」について分析しています。
↓の[THE ALPSの分析記事一覧]からどうぞ。

 

バーティカルチェンジャーの分析公式大会に出よう3レーンTT登りの計算

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

 

 

THE ALPSの分析記事一覧

THE ALPSの飛距離・着地点

分析図アイガースロープevo.の射出角度は25度での計算していますが、これは速度によって変わります。表中の「時速○○q」は射出速度です。「○○p」は飛距離です。放物線は、飛距離と到達高度と射出点を結んだものです。正確なマシンの軌跡ではありません。放物線上の「・」点は、到達高度をしめしています。スマー...

≫続きを読む

 

ブレーキ図の読み方

前伸ばしブレーキ前車軸から前ブレーキ先端まで4.5p、後車軸から後ブレーキ後端まで4.0pの状態です。中ブレーキ前車軸から前ブレーキ先端まで4.0p、後車軸から後ブレーキ後端まで4.5pの状態です。後伸ばしブレーキ前車軸から前ブレーキ先端まで3.5p、後車軸から後ブレーキ後端まで5.0pの状態です。...

≫続きを読む

 

アイガースロープevo.の前後ブレーキ

アイガーevo.での、ブレーキの効きを図にしました。みなさんのアイガースロープevo.攻略・対策の役に立てれば嬉しいです(*‘∀‘)ブレーキがコースにめり込んでいる部分が「効く」部分です。バーティカルチェンジャー登りのブレーキの分析と合わせて、参考にしてくださいm(_ _)m→「バーティカルチェンジ...

≫続きを読む

 

アイガースロープevo.の腹ブレーキ

腹ブレーキの効きを図にしました。みなさんのアイガースロープevo.攻略・対策の役に立てれば嬉しいです(*‘∀‘)アイガースロープevo.とテーブルトップストレートの間の曲線部分の入り口から出口までを4分割分析しています。入口@〜出口Cです。ブレーキがコースにめり込んでいる部分が「効く」部分です。図の...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
もくじ(ページ一覧) 問い合わせ 管理人のこと 管理人のブログ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ