ミニ四駆始めたいンだけ‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

マスダンパーについて

ミニ四駆のコースにはスロープセクションがあります。

 

スロープは坂道です。

 

スロープには「上り」と「下り」があります。

 

 

スロープでの動き

ミニ四駆は高速で「スロープ上り」を駆け上ると、タイヤは路面を離れて、マシンは飛びだします。画像クリックで拡大できます。
ミニ四駆 スロープセクション ジャンプ 着地失敗

 

飛び出した後には「着地」します。

 

速く走るほど高く・遠くへ飛びだします。

 

高く・遠く飛ぶほど「着地」は失敗しやすくなり、コースアウトしやすくなります。。

 

なので、ゆっくり走ります。ゆっくり走るとスロープ上りで飛び出しません。

 

でも、速く走らないとレースでは勝てません。

 

でも、速く走ると着地で跳ねて バウンドして コースアウトしやすくなります。

 

 

マスダンパー

なので、マスダンパーを使って[跳ね返り][バウンド]しにくくします。

マスダンパーは動く重り。

 

「マス」は「mass」と書いて、「質量」という意味です。

 

「ダンパー」は「damper」と書いて、「衝撃を軽減するもの」という意味です。

 

着地の衝撃を軽減させて、跳ね・バウンドを減らします。

 

いろんなマスダンパー↓これを取り付けると、速く走っても着地失敗しにくくなります。
ミニ四駆 ブレードアップパーツ マスダンパー バウンド対策

 

 

マスダンパーの役割

下の図の青い丸がマスダンパーです。画像クリックで拡大できます。
ミニ四駆 スロープセクション ジャンプ 着地成功

 

ミニ四駆 スロープセクション ジャンプ マスダンパー

 

このときの「マスダンパー落下のチカラ」が「跳ね返りたいチカラ」より大きければ跳ねにくいです。

 

マスダンパーの効き方は「ランドセルジャンプ」の感覚です。

 

ランドセルを背負ってジャンプすると、人とランドセルは一緒に浮きあがります。

 

着地の時は、人が先に着地して、そのあとでランドセルが落ちてきます。

 

人は、後から落ちてきたランドセルによって、下に引っ張られます。

 

この時のランドセルがマスダンパーです。

 

人の場合は着地の時に、足で衝撃を軽減しているので、[跳ね返り][バウンド]はしません。

 

 

セッティング

マスダンパーは重いほど、個数が多いほど良く効きます。

でも、マスダンパーは[重り]なので、装備するとマシンが遅くなります。

 

安全の為に、コースアウトしたくないためにマスダンパーを装備し過ぎると、競争相手に置いて行かれます(;^_^A

 

着地失敗コースアウトしないギリギリのマスダンパーセッティングをしましょう\(^o^)/

 

 

取り付け例

ミニ四駆のセッティング ダイナホークGX マスダンパー

 

 

関連記事

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ