ミニ四駆始めたいンだけ‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

ブレーキについて

ミニ四駆のコースにはスロープセクションがあります。

 

スロープは坂道です。

 

スロープには「上り」と「下り」があります。

 

 

スロープでの動き

ミニ四駆は高速で「スロープ上り」を駆け上ると、タイヤは路面を離れて、マシンは飛びだします。
ミニ四駆 スロープセクション ジャンプ コースアウト
画像クリックで拡大できます。

 

飛び出した後には「着地」します。

 

速く走るほど高く・遠くへ飛びだします。

 

高く・遠く飛ぶほど「着地」は失敗しやすくなり、コースアウトしやすくなります(*_*)

 

なので、ゆっくり走ります。ゆっくり走るとスロープ上りで飛び出しません( ´∀` )

 

でも、速く走らないとレースでは勝てません(-_-;)

 

でも、速く走るとスロープ上りでコースアウトしやすくなります(#^ω^)ビキビキ

 

 

ブレーキをかける

なので、スロープ上りでブレーキをかけて減速します。

ブレーキは、マシンが傾いたときにしか効きません、平面を走っているときには効きません。

 

これで、スロープ上り以外は速く走って、スロープ上りではゆっくり走れます。

 

ブレーキを制する者は、立体セクションを制す!です。

 

下の図は「ブレーキ無し状態」と「限界ブレーキ」をあらわしています。
ミニ四駆のセッティング スロープセクション ジャンプ ブレーキ
画像クリックで拡大できます。

 

 

限界ブレーキの効き

限界ブレーキは、レギュレーション規定いっぱい限界まで強くブレーキをかけるセッティングです。
ミニ四駆 スロープセクション ブレーキの効き 図解
画像クリックで拡大できます。

 

ミニ四駆 スロープセクション ブレーキの効き 拡大図

 

限界ブレーキは最強ブレーキです。

 

タイヤはコースから離れてしまって加速しないし、前も後ろもブレーキをこすってます。

 

ブレーキ強すぎて、スロープ上りの途中でマシンが止まってしまうことがあります。

 

なので、ブレーキの利き具合を調整します。

 

 

ブレーキの三要素

ブレーキは「高低」「前後」「材質」の調整します。

  • 高低:路面に近い(低い)ほど強く効きます。
  •  

  • 前後:前後とも、タイヤからブレーキまでの距離を遠くするほど強く効きます。
  •  

  • 材質:ブレーキスポンジの3種類[グレー]は強い、[黒]は中間、[緑]は弱いブレーキです。

 

セッティング

安全の為に、コースアウトしたくないためにブレーキを効かせ過ぎると、そこで相手に追い抜かれます。

 

スロープ上りでコースアウトしないギリギリのブレーキセッティングをしましょう。

 

 

取り付け例

ミニ四駆の改造 ダイナホークGX リアブレーキ 19mmプラリング付きアルミベアリングローラー
ミニ四駆の改造 MAシャーシ ARシャーシブレーキセット FRP

 

 

関連記事

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ