ミニ四駆始めたいんだけど‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

引っかかり防止セッティング

このページは引っかかってコースアウトの続きです。

 

フロントの引っかかり防止

FRPマルチワイドステーを「引っかかり防止」+「下スタビ代わり」として使います。

 

スタビをはずしたので、引っかかりません\(^o^)/
ミニ四駆の改造 ジャンプ 着地 引っかかり防止

 

ローラー幅103ミリで、ワイドステー幅が101ミリなので片側1ミリづつスキ間ができます。

 

ローラーが壁に当たっても、プレートスタビは当たりません。

 

車体がかたむいたときだけつっぱるので、ちゃんと「スタビ」します。
ミニ四駆の改造 プレートスタビ 引っかかり防止

 

ミニ四駆の改造 ジャンプ 着地 引っかかり防止セッティング1

 

リアの引っかかり防止

ひっかかるネジ頭をかくすため「引っかかり防止プレート」を取り付けます。

 

ここでは「引っかかり防止プレート」だけど、スロープセクションでは「ブレーキ」と呼ばれるし、

 

コーナーやレーンチェンジでは「スタビ」の役割も持っています。
ミニ四駆の改造 ジャンプ 着地 引っかかり防止セッティング2

 

ミニ四駆の改造 ジャンプ 着地 引っかかり防止セッティング3

 

裏返すと‥

ミニ四駆 ジャンプ 着地 引っかかり対策
引っかかっていた「前下スタビ」を取り外して、ワイドステーをスタビとして取り付けて、

 

引っかかっていた後ろ下ローラーのネジ頭を、補強プレートでかくしています。

 

これで、ななめに飛んでも引っかからない(*n'∀')n

 

 

このままだと、マシンの裏側にネジ頭が出ていて、コースにこすれてキズを付けてしまいます。

 

ミニ四駆レースのルールに「コースをキズ付けないセッティングにして下さい」という項目があります。

 

きちんと、キズ防止もやっておきましょう。

 

キズ防止

ネジ頭がコースに当たらなければキズは付きません。

 

なので、ブレーキスポンジを貼って「ネジ頭がへこんでいる」風味に見せかけます。
ミニ四駆 ジャンプ 着地 ブレーキ1

 

 

こうすると、ネジ頭よりもブレーキが高いので、ネジが当たらずブレーキがコースに当たります。
ミニ四駆 ジャンプ 着地 ブレーキ2

 

 

ブレーキをかけたくないセッティングの場合は、引っかかり防止プレートを高い位置に取り付けたり、ブレーキ部分をテープでかくしておきましょう。
ミニ四駆 ジャンプ ブレーキ マルチテープ

 

きちんと引っかかり対策していると‥

コース壁に乗り上げても、ひっかからずにコース復帰してくれます\(^o^)/
コース復帰のために
ミニ四駆 コース復帰 引っかかり対策 スロープセクション1

 

ミニ四駆 コース復帰 引っかかり対策 スロープセクション2

 

続きはコチラ→「もっと引っかかり防止

 

関連記事

つなぎ目攻略  コース復帰のために

 

ブレーキでまっすぐ飛ばす  ジャンプ中の姿勢

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ