ミニ四駆始めたいんだけど‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

コース復帰のために

スロープセクションでななめに飛び出してしまうと、

 

ブレーキや下スタビがコースの壁に乗り上げてしまうことがあります。

 

乗り上げたままだと、走行不能としてコースアウト扱いになってしまいます(’A`)

 

なので、壁に乗り上げてもコースに復帰できるよなセッティングにしておきましょう。

 

このページでは、コース復帰のための乗り上げ対策を紹介しています。

 

ブレーキスポンジを貼らない

ブレーキに使われるスポンジは「すべり止め」です。

 

すべり止めが壁にひっかかると、コースに滑り落ちてきません。

 

壁の上のブレーキで滑り落ちないうえに、

 

床のブレーキは滑らずにふんばっています。

 

このままの状態で止まってしまって、復帰できずにコースアウトになってしまいます。
ミニ四駆のセッティング 着地 ブレーキ コースアウト

 

でも、立体コースのジャンプ対策にブレーキはかかせない‥(-_-;)

 

ブレーキの両端にテープを貼る

ミニ四駆のセッティング 着地 ブレーキ コースアウト対策

 

ブレーキのはしっこにテープを張って「すべり止め」効果を消してあげましょう\(^o^)/

 

こうして、すべり止め止めしてると壁に乗り上げても滑り落ちてきます、

 

床側もふんばらずに滑ってくれます。

 

コレでコースに復帰できて、コースアウトになりません(´v`* )

 

すべり止め止めは、少しだけブレーキの効果が弱くなるので、

 

スピードの出しすぎには注意しましょう。
ミニ四駆のセッティング 着地 ブレーキ コース復帰

 

タイヤを浮かせる

タイヤはブレーキスポンジよりもグリップが強いので、

 

壁にブレーキがひっかかって止まっていようと、無理やりマシンを進ませてしまいます。

 

ブレーキが引っかかって、かたむいたままのマシンは制御できません。

 

ガコガコ暴れてふっ飛んだり、ひっくり返ったりします。

 

もし、こんな状態でひっかかったら、壁を乗り越えてとなりのレーンに向かおうとします(;゚─゚)
ミニ四駆のセッティング 着地 タイヤ コースアウト

 

 

なので、安全なところに落ち着くまでは、

 

タイヤがグリップ(接地)しないようにセッティングしておきましょう
ミニ四駆のセッティング 着地 タイヤ コースアウト対策1

 

タイヤが浮くセッティング

ブレーキや下スタビは、幅を広く低い位置に取り付けます。

 

タイヤが浮く

ステーを低く広くセッティングしています。

 

ステーがつっぱっていてタイヤはグリップしていません。

 

コースに復帰してから、タイヤがグリップして走り出します。

 

ブレーキに使っているステーの長さは101ミリで、プレートまでの高さは12.7ミリ。
ミニ四駆のセッティング 着地 タイヤ コースアウト対策2

 

 

タイヤが着く

ステーを高久せまくセッティングしています。

 

タイヤがグリップしている状態です。

 

ひっかかって不安定なままマシンが進もうとするので、コースアウトの危険性が非常に高いです。

 

ステーの長さは91ミリで、プレートまでの高さは6.0ミリ。
ミニ四駆のセッティング 着地 タイヤ コースアウト対策3

 

 

91ミリのFRPマルチ補強プレートと101ミリのFRPマルチワイドステーの比較です。

 

マルチワイドステーは高価だけど、いろいろ便利だから余裕があれば持っておきたいパーツです(∩´∀`)∩
ミニ四駆 FRPプレート比較 マルチワイドステー マルチ補強プレート

関連記事

テーブルトップ下りの計算  インリフト・アウトリフトの原因

 

引っかかってコースアウト  FRPの加工

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ