ミニ四駆始めたいんだけど‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

スロープくだりのコースアウト対策

ミニ四駆の立体コースを走るとき、もっともコースアウトが多いのが「スロープセクション」です。 スロープセクションは「のぼり」も「くだり」も非常に危険です。 ここでは、浮いている車体が着地してバウンドする「スロープくだり」でのコースアウト対策を紹介しています。 スロープくだりでのコースアウト原因には次にあげるものがあります。
  • ローラー・下スタビが壁に引っかかる
  • フロントから着地して、前転してしまう
  • ブレーキが壁に引っかかる
  • 着地の衝撃ではね返ってしまう
下では、これらの理由や対策を紹介しています。 なにが原因でコースアウトしているのか、しっかり理解して、対策して、ジャンプを攻略しましょうヾ(o'∀'o)ノ

スロープくだりのコースアウト対策記事一覧

引っかかってコースアウト

スロープセクションでまっすぐ飛び出さないと、コースの壁に着地してしまうことがあります。壁に着地すると、ローラーやタイヤが壁にひっかかって動けなくなり、コースアウトにつながります。「壁に着地コースアウト」は非常に多く発生するので、原因を調べて対策しておきましょう\(^o^)/ドコが引っかかるの?このセ...

≫続きを読む

 

引っかかり防止セッティング

このページは引っかかってコースアウトの続きです。フロントの引っかかり防止FRPマルチワイドステーを「引っかかり防止」+「下スタビ代わり」として使います。スタビをはずしたので、引っかかりません\(^o^)/ローラー幅103ミリで、ワイドステー幅が101ミリなので片側1ミリづつスキ間ができます。ローラー...

≫続きを読む

 

もっと引っかかり防止

引っかかり防止は、引っかかるところをつぶすことです。隙間をつくらない、凸凹をつくらない、そこに引っかかります。引っかかるところネジ頭ナット下スタビ下ローラーブレーキタイヤとローラーの間なので、これらを引っかかり防止プレートでふさいでしまいます。プレートは凸凹がなくスキ間もない平らなので引っかかりませ...

≫続きを読む

 

ブレーキ前転対策

スロープセクションで前さがりの姿勢で飛び出してしまうと、着地で前ブレーキが効いて前転してしまうことがあります。前転すると、走行不能になってコースアウトです(’A`)なので、前下がりで着地しても前転しないようなセッティングをしておきましょう。このページでは、前ブレーキ前転の動きや対策を紹介しています。...

≫続きを読む

 

コース復帰のために

スロープセクションでななめに飛び出してしまうと、ブレーキや下スタビがコースの壁に乗り上げてしまうことがあります。乗り上げたままだと、走行不能としてコースアウト扱いになってしまいます(’A`)なので、壁に乗り上げてもコースに復帰できるよなセッティングにしておきましょう。このページでは、コース復帰のため...

≫続きを読む

 

つなぎ目攻略

スロープセクションで前さがりの姿勢で着地すると、ブレーキや下スタビがコースの「つなぎ目」につまづいてコースアウトしてしまうことがあります。なので、前下がりで着地しても「つなぎ目」でつまづかないセッティングにしておきましょう\(^o^)/このページでは、つなぎ目対策を紹介しています。コースのつなぎ目ミ...

≫続きを読む

 

つなぎ目攻略セッティング比較

前の記事→[つなぎ目攻略]ARブレーキとアンダーガード(うすい方)の比較アンダーガードを取り付けているシャーシはMAです。MA・ARはフロントバンパーの底が2°くらいに前あがりになっているので、しゃくれてしまいます。ARシャーシとVSシャーシの比較ARシャーシは、フロントバンパーの底と前に角度がつい...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
もくじ(ページ一覧) 問い合わせ 管理人のこと 管理人のブログ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ