ミニ四駆始めたいんだけど‥から上級者までの道案内

ミニ四駆初心者脱出計画

インリフト・アウトリフトの原因

リフトが起こる大きな原因は、下の3つです。

  • スラスト角度
  • 重心と支点
  • 遠心力

 

小さな原因を挙げると‥
  • 路面の凸凹
  • 壁の凸凹
  • 隣のレーンのマシンの動き
  • ウォッシュボードセクション

などがありますが、この「コースアウト対策」の項目では取り上げていませんm(_ _)m

 

スラスト角度

ダウンスラスト

進行方向に対して、下向きのスラスト角度です。

 

ダウンスラストの角度が大きすぎると、

 

この角度に沿って車体の前方・コーナー外側が下へ向かいたがります。

 

遠心力によってローラーは壁に押し付けられ続けるので、車体の外側前方はどんどん下に向かい、

 

車体内側(イン側)が浮き上がって車体がかたむき「インリフト」が発生します。

 

アッパースラスト

進行方向に対して、上向きのスラスト角度です。

 

アッパースラストの角度に沿って、車体の前方・コーナー外側が上へ向かいたがります。

 

遠心力によってローラーは壁に押し付けられ続けるので、車体の外側前方はどんどん上に向かい、

 

車体外側(アウト側)が浮き上がって車体がかたむき「アウトリフト」が発生します。
ミニ四駆 ローラー スラスト角度 リフトの原因

 

リフトが起こるときのスラスト角度と遠心力の関係について、少しだけ詳しく書いています→リフトの原因(スラスト角度)

 

重心と支点

重心位置と、支点(ローラー)位置の関係です。

 

高速でコーナーを走ると、重力よりも遠心力のほうが強くなるので

 

「路面をタイヤで走っている状態」よりも「ローラーで壁を転がっている状態」のほうが影響力が強くなります。

 

遠心力は、主に「重心」にかかるので、

 

その重心(遠心力)をドコで支えているのか。

 

重心と支点の位置関係によってインリフトになるか、アウトリフトになるかが決まります。

 

重心が高い

支点よりも、重心位置が高い場合です。

 

支点よりも上に遠心力がかかるので、インリフトが起こります。

 

重心が低い

支点よりも、重心位置が低い場合です。アウトリフトが起こります。

 

支点よりも下に遠心力がかかるので、

 

支点より低い位置を横向きに押している状態になります。
ミニ四駆 重心位置 ローラーの高さ リフトの原因

 

リフトが起こるときの重心と支点の関係について、少しだけ詳しく書いています→リフトの原因(重心と支点)

 

遠心力

遠心力は、円運動を擦る物体が、円の中心から遠ざかろうとする力トです。

 

速度が上がるほど・車体の重量が重くなるほど強くなります

 

ミニ四駆はコーナーを走っているときに遠心力を受けて、コーナー外側に押し付けられています。

 

この押し付けられる力により車体がかたむいてリフトが起こります。
遠心力の計算

 

 

関連記事

ローラーについて  リフトの原因(スラスト角度)

 

リフトの原因(重心と支点)  遠心力の計算

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ